ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

ニキビケア商品

ビタミンC誘導体化粧水おすすめ8選!!炎症ニキビ・ニキビ跡に◎

更新日:


「酷いニキビやニキビ跡を治すなら、やっぱりビタミンC誘導体?」
「ビタミンC誘導体の化粧水って、どんなものを選べばいいの?」

ビタミンC誘導体化粧水が炎症した赤ニキビやニキビ跡に効果があるって聞いたけど、美白やアンチエイジング目的で紹介されてるし、種類も多いから迷いますよね。

こちらでは、ニキビやニキビ跡におすすめのビタミンC誘導体化粧水を紹介していきます。

なっちゃん
美白やエイジング目的のものは紹介していないので、炎症ニキビやニキビ跡に悩んでいる方だけご覧ください。
 
ビタミンC誘導体がニキビに効果的なのは有名ですが、ビタミンC誘導体と一言でいっても種類や濃度によって価格や肌への浸透力に差がでてきます。

だから、あなたのニキビやニキビ跡の状態によって選ぶことがポイント。
あなたの症状に合ったビタミンC誘導体化粧水を購入して、早く効果を実感してくださいね。

【化粧水の選び方が必要ない方は!】
おすすめのビタミンC誘導体化粧水をすぐに見る

ビタミンC誘導体化粧水を選ぶ3つポイント

ビタミンC誘導体がニキビにいいからと言って、「ビタミンC誘導体配合」とただ書かれている化粧水を選べばいいってものではありません。

ニキビやニキビ跡を治すためにビタミンC誘導体を選ぶときはポイントが3つあります。

  • ①両性or水溶性ビタミンC誘導体を選ぶ
  • ②ニキビの重症度で濃度を変える
  • ③保湿成分が含まれているものが◎

これらのポイントを抑えたビタミンC誘導体化粧水を選ぶようにしてください。
それぞれのポイントを詳しく説明していきますね。

1.両性or水溶性ビタミンC誘導体を選ぶ

ビタミンC誘導体の種類
「ビタミンC誘導体配合」と表記されている化粧水や美容液はいくつも販売されてますが、配合されているビタミンC誘導体には大きく分けて3つの種類があります。

  • 水溶性ビタミンC誘導体…即効性が高く、水になじみやすい。
  • 【成分名】リン酸アスコルビルMg、リン酸アスコルビン酸Na、3-O-エチルアスコルビン酸など

  • 油溶性ビタミンC誘導体…持続力が高く、油になじみやすい。
  • 【成分名】テトラヘキシルデカン酸アスコビル、ステアリン酸アスコビルなど

  • 両性ビタミンC誘導体…即効性・持続力に優れ、水と油の両方になじみやすい。
  • 【成分名】パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(APIS)など

化粧水はほとんど水分で出来ているので「水溶性ビタミンC誘導体」と「両性ビタミンC誘導体」のどちらかが配合されているものを選ぶ必要があります。

中でもおすすめなのが、ビタミンCの約100倍浸透力のあるAPPSです。

APPSやAPISのような両性ビタミンC誘導体の方が、肌への浸透力に優れているので、炎症ニキビやニキビ跡など、症状の酷い方におすすめ。

水溶性ビタミンC誘導体で選ぶなら、VCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)がおすすめ。

逆に水溶性ビタミンC誘導体の中でも、「アスコルビン酸グルコシド」は低刺激だけど、効果を実感しにくいので避けた方がいいですね。

2.ニキビの重症度で濃度を変える

ビタミンC誘導体濃度
次に気にしたいのが、ビタミンC誘導体の濃度になります。

ビタミンC誘導体の種類によって異なりますが、濃度が高くなるにつれて効果も高くなっていき、水溶性ビタミンC誘導体だと3%以上だと効果を実感しやすいですね。

なっちゃん
一般的なものだと1~2%の濃度が多く、化粧水だけだと効果をあまり期待できません!
 
濃度が低い場合は、化粧水のあとに付ける美容液かクリームにも、ビタミンC誘導体が含まれているものを選んで一緒に使った方がいいですね。

ちなみに、医療現場やドクターズコスメに使われる化粧水は5~6%前後が中心。
10%以上濃度を上げても効果に差があまりなく、逆に刺激だけが強くなる場合もあります。

濃度が高ければいいというわけでなく、浸透力の高さの方が大事。
種類の次に濃度を見るようにしてください。

ビタミンC誘導体の濃度の選び方としては

  • 炎症の酷くない赤ニキビ…水溶性ビタミンC誘導体3%以上。
  • 酷い炎症ニキビやニキビ跡の赤み…水溶性ビタミンC誘導体5~10%かAPPS1%程度。

を基準に選んでいただければと思います。

初めてビタミンC誘導体を使う場合、濃度が高いと刺激や乾燥を招く可能性があります。

肌への刺激が不安な場合は、低濃度でも浸透力のあるAPPSか濃度の低い水溶性ビタミンC誘導体から試しに使ってみてください。

使い方については→「ビタミンC誘導体化粧水を使うときのポイント」で説明します。

3.保湿成分も含まれているかチェック

保湿成分
ビタミンC誘導体はニキビやニキビ跡の改善、美白、たるみやシワなどのアンチエイジングと、肌に嬉しい効果がたくさんありますが、皮脂の分泌を抑える作用もあり、乾燥を引き起こす可能性も。

皮脂量の多い思春期ニキビや男性には嬉しい効果ですが、20代後半を過ぎた女性にとって、乾燥はニキビを作る原因にもなるし、美肌の天敵です。

そのため、化粧水の中に“保湿成分”が含まれているものを選ぶのがポイント。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

こういった保湿成分と一緒に入っていると嬉しいですね。

これ以外にも保湿成分はいくつもあるので、「保湿」や「潤い」という言葉が商品ページに書かれているかを確認するようにしましょう。

ここからは、口コミやビタミンC誘導体の種類・濃度、保湿成分や添加物の有無を基準に、おすすめのビタミンC誘導体化粧水を紹介していきます。

1.ビーグレン / QuSomeローション

ビーグレン QuSomeローション評価5.2★★★★★☆☆
容量:120ml(約1.5ヶ月分)
価格:5,000円

2種類のビタミンC誘導体でニキビをケアする『ビーグレン QuSomeローション』

炎症ニキビやニキビ跡におすすめの即効性のある水溶性のVCエチルと、持続力に優れた両性のVC-3LGの2種類のビタミンC誘導体が配合されている、保湿力の高い化粧水。

ビタミンC誘導体化粧水の中でもトップクラスの保湿力で、つけたあとの潤いが違います。

しかも、トライアルセットには、高濃度(7.5%)ピュアビタミンC配合の美容液がついてくるのですが、つけた瞬間にジワーっと浸透していくのがわかります。

↑【初回限定】トライアルセットが59&OFF
28歳女性の口コミ
浸透力が高いし、なじませると肌がモチっとしてきたので、肌って変化するんだなと実感。さすが17時間潤いが続くというだけあるなと思いました。

2.サイクルプラス / エンリッチローション

サイクルプラス エンリッチローション評価5.2★★★★★☆☆
容量:40ml / 80ml
価格:1,600円 / 2,800円

高浸透型のビタミンC誘導体APPSが配合された『サイクルプラス エンリッチローション』

浸透力の高さと持続力のあるビタミンC誘導体APPSと、ビタミンC誘導体の効果を引き上げるビタミンE誘導体配合の化粧水。

ビタミンC誘導体APPSは、「アスコルビン酸グルコシド」などの一般的なビタミンC誘導体と比べて、浸透力が100倍も違うので、ダメージを受けた角質層まで成分を届けてくれます。

コスパがよくて、浸透力もあるビタミンC誘導体化粧水を探している方におすすめ。

2剤式の化粧水なので、使う前に混ぜる手間がありますが、その分フレッシュな状態の化粧水を使えるし、9種類の無添加で肌に優しいのも嬉しいポイントです。

↑【初回限定】送料無料で1,600円でお試し!
33歳女性の口コミ
サラサラのテクスチャーだけど、肌の上ではとろみを感じ、モチモチになるのを感じます。使って2週間ですが、肌がなめらかになってるのを実感。

3.ドクターK / カクテルVローション

ドクターK カクテルVローション評価5.0★★★★★☆☆
容量:200ml(約2~2.5ヶ月分)
価格:7,000円

12種類のビタミンがぎゅぎゅっと詰まった『ドクターK カクテルVローション』

有名なドクターズコスメで、こちらの記事でも紹介している水溶性、油溶性、両性の3つのビタミンC誘導体の他、ビタミンA、E、H、ビタミンB群などが配合されたサプリのような化粧水。

さらにトリプルヒアルロン酸や分子の大きさが違うWコラーゲン配合で、肌のすみずみまで潤いで満たし、もっちもちの肌にしてくれます。

その分、価格が高くなってしまうデメリットはありますが、試す価値はあると思いますよ。

28歳女性の口コミ
スキンケアだけでニキビが治ると思っていなかったけど、これを使ってから何年も悩んでいたニキビが半分薄くなりました。使う前と使った後で明らかに違いが分かります

4.プリモディーネ / シーバムコントロールVCローション

プリモディーネ シーバムコントロールVCローション評価5.0★★★★★☆☆
容量:100ml(約1~1.5ヶ月分)
価格:5,000円

ビタミンC誘導体APPS+水溶性ビタミンC配合の『シーバムコントロールVCローション』

浸透力のあるAPPSが1%、水溶性ビタミンC誘導体が9%も配合された化粧水。

実は美魔女モデルである水谷雅子さんや美容ブロガーも愛用している化粧水で、これまでに28万本以上売れている人気のある高濃度ビタミンC化粧水なんです。

保湿力はやや弱いので、これだけでは潤いが足りませんが、コットンパックでビタミンC誘導体を浸透させることで、翌日の肌が全然変わりますよ。

↑【一人様1個限り】スターターセットが1,800円!
32歳女性の口コミ
ストレス疲れのせいか、肌に元気がなかったけど、こちらを1週間ほど試してみたら、ニキビが減り、ニキビ跡も薄くなったかも?コットンパックに使うのが一番いいですね。

5.ドクターシーラボ / VC100エッセンスローション

ドクターシーラボ VC100エッセンスローション評価5.1★★★★★☆☆
容量:150ml(約1.5~2ヶ月分)
価格:4,700円

市販でも有名なドクターシーラボの『VC100エッセンスローション』

浸透型ビタミンC誘導体APPSや肌に弾力を与える2種類のEGF様成分、コラーゲン・ヒアルロン酸などが配合された化粧水。

無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーと無添加なだけでなく、化粧水の元となる「水」にもこだわっています。

ドラッグストアなど、市販で買えるビタミンC化粧水の中では一番オススメです。

↑【激安】Amazonなら42%OFF!
30歳男性の口コミ
とろみのある化粧水でベタベタもまずまず。時間が経つと馴染んでくれます。ビタミンCのおかげでニキビや肌荒れのところがスッとキレイになってよかったです。

6.キャシーズチョイス / C-マックス ローション

キャシーズチョイス C-マックス ローション評価5.7★★★★★★☆
容量:100ml(約1~1.5ヶ月分)
価格:8,000円

皮膚学会でも評価されているリン酸アスコルビルMg配合の『C-マックス ローション』

即効性のある水溶性ビタミンCの中でも、皮膚学会で効果があると評価されている「リン酸アスコルビン酸Mg」を6%も贅沢に配合した化粧水。

収れん効果のあるローズマリーや角質を柔らかくして、毛穴詰まりを防いでくれるビタミンAなども配合されているので、ニキビだけでなく、毛穴の開きや汚れが気になる方にもおすすめ。

定期コースなら肌への浸透を高めるイオン導入器もセットで初回4,000円で試せます。

↑【初回限定】半額&イオン導入器プレゼント!
36歳女性の口コミ
高濃度ビタミンCの化粧水で毛穴と頬の赤みに悩む私にピッタリ!主婦にはつらい価格ですが、使用感も良く肌が引き締まるのでいい感じです。

7.エトヴォス / 薬用アクネVCローション

エトヴォス 薬用アクネVCローション評価4.6★★★★★☆☆
容量:150ml(約1.5~2ヶ月分)
価格:3,800円

雑誌でも紹介されている『エトヴォス 薬用アクネVCローション』

「美的」や「美ST」など多数のメディアで紹介されることのあるエトヴォスから販売されている、水溶性ビタミンC誘導体のVCエチル配合の薬用化粧水。

シリコンやパラベン、界面活性剤、鉱物油、香料、着色料などを使っていない低刺激処方なので、高濃度のビタミンCが肌に合わないという方でも安心して使うことができます。

ヒアルロン酸、リピジュアといった保湿成分は入っていますが、保湿力が弱いのが残念。

↑【初回限定】お試しセットが1,900円!
27歳女性の口コミ
ビタミンC誘導体の刺激が不安で恐る恐る使ってみたところ、肌の透明感が増し、ニキビも悪化しなくなりました。

8.ノブACアクティブ / フェイスローション

ノブACアクティブ フェイスローション評価4.9★★★★★☆☆
容量:135ml(約1.5ヶ月分)
価格:3,000円

臨床皮膚医学に基づいて作られた『ノブACアクティブ フェイスローション』

皮膚科でも薦められることがある、常盤薬品が販売している大人ニキビ向け化粧水。

水溶性ビタミンC誘導体と抗菌作用、古い角質を落とすサリチル酸が配合されているので、ゴワゴワした肌を滑らかにし、有効成分が浸透しやすい肌を作ってくれます。

ただサリチル酸は肌への負担が大きいので、人によっては刺激が強い場合も。
肌が弱い方には向いていませんが、化粧水で肌荒れを起こすことが少ない方にはおすすめです。

↑【初回限定】トライアルセットが送料無料1,500円!

24歳女性の口コミ
生理前後のニキビに困っていた時に試してみました。嫌なベタつきもなくさっぱり。生理前になっても、頑固なニキビはできなかったので、私には合っていたみたいです。
 
以上、おすすめのビタミンC誘導体化粧水になります。
もう一度、最初から見たい場合はこちらをクリックしてください。⇒最初から見る

どれか迷ったら、ビーグレンのニキビ跡ケアセット!

「結局どれがいいの?」と迷ったら、ビーグレンのニキビ跡ケアセットが1番おすすめ。

ビーグレンのニキビ跡ケアセット

ビーグレンのニキビ跡ケアのポイント

  • 2種類のビタミンC誘導体が配合
  • 17時間、有効成分と保湿成分が肌の中でとどまる
  • 肌を活性化させて弾力を取り戻すEDP3配合
  • 高濃度(7.5%)のピュアビタミンC美容液もセット

肌に浸透しにくいビタミンCを、浸透するように改良したのがビタミンC誘導体。

そのピュアビタミンCを最新の皮膚科学で浸透させることに成功したのがビーグレンなので、即効性や効果を求めるならビーグレンを試してみてください。

ビーグレンのニキビ跡ケアは、肌に優しい泡立たないクレイ洗顔で毛穴汚れを落とし、2種類のビタミンC誘導体化粧水で肌の保湿力を高めて、高濃度ピュアビタミンCが入りやすい肌を作ってくれます。

おかげで、ビタミンCがじわっと肌に入っていくのを実感できるはずですよ。

市販のプチプラのビタミンC誘導体化粧水を選ぶなら?

「初めてのビタミンC誘導体だから、市販の安いものから試したい」

そんな方におすすめのプチプラで買えるビタミンC誘導体化粧水も紹介しておきます。

安いものだと、浸透力の高さや保湿力が足りなかったり、配合量が少なかったりするので、ニキビ跡への効果は期待できませんが、軽症ニキビであれば、1,000円前後のものでも十分です。

ナリスアップコスメティックス / スキンコンディショナー ローションVC

ナリスアップコスメティックス スキンコンディショナー ローションVC評価5.2★★★★★☆☆
容量:500ml(約4ヶ月分)
価格:500~1,200円(オープン価格)

大容量でたっぷり使いたいなら『スキンコンディショナー ローションVC』

500mlで1,200円というコスパの良さと、使いやすさで人気の化粧水。

メーカーが推奨している使い方は、プレ化粧水として、いつもの化粧水の前に使うことですが、バシャバシャ使えるので、普通に使ったあとに乳液で保湿する使い方でもOK.

ビタミンC誘導体配合で、ここまで安いのは滅多にないのでコスパ重視の方にピッタリです。

25歳女性の口コミ
コスパのいいビタミンC誘導体が入っている化粧水を探したときに巡り会いました。もう1年は愛用していますが、ニキビもできにくく、しっとりぷるぷる肌になります。

メラノCC / 薬用しみ対策 美白化粧水

評価4.3★★★★☆☆☆
容量:170ml(約2ヶ月分)
価格:700~900円(オープン価格)

プチプラでもしっかり効果を実感したいなら『メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水』

900円前後と安いのに、即効性や浸透力のあるVCエチルが配合。

こちらは、美白向けの化粧水として作られたものですが、VCエチルだけでなく、抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムも配合されているので、ニキビにも効果を期待できます。

スキンケアにあまりお金をかけれないけど、ビタミンC誘導体の効果を感じたい方におすすめ。

26歳女性の口コミ
ニキビと肌荒れが酷かった彼が口コミを見て買ってきました。1000円以下なのにビタミンが浸透していく感じで、彼も満足しています。

ビタミンC誘導体化粧水を使うときのポイント

ビタミンC誘導体の効果的な使い方
ビタミンC誘導体化粧水を効果的に使うためにはポイントがあります。

  • 顔全体に付ける(気になる部分だけだと意味なし)
  • 一度に手に取らず、2~3回に分けてムラなくつける
  • ハンドプレスで浸透させるイメージで使う
  • 叩くように使ったり、擦りこむように使わないこと

化粧水を一度に出すとこぼれてもったないことにもなりますし、少量を手に取って、おでこから頬、鼻~あごと数回に分けて、ムラなくハンドプレスしながらつけるようにしてください。

なっちゃん
叩いたり、擦りこむように使うと刺激になります。手の体温を使って、じんわり浸透させていきましょう!
 
あと、できればビタミンCの効果を高める、化粧水をつけた後にビタミンE(トコフェリルリン酸Naやトコフェノール)配合の乳液やクリームを使うのがおすすめです。

より効果的に使いたいならイオン導入!!

イオン導入
ビタミンC誘導体をより効果的に使うなら、皮膚科の治療でも使われる、電流を利用して成分を肌の奥に届けるイオン導入を利用するのがいいですね。

ニキビーノ
軽いニキビなら必要ありませんが、ニキビ跡の赤みや色素沈着などはイオン導入したほうがより効果的。
 
イオン導入は皮膚科やエステでも行えますが、1回で5000円~1万円とちょっと高め。

「家庭用美顔器+ビタミンC誘導体化粧水or美容液」を利用したほうが、自分で行う手間はありますが、皮膚科に行く必要も高いお金もかからずに済みますよ。

イオン導入器を買うのに抵抗がある場合は、ローションパックやラップパックも◎。

ローションパック
…コットンを軽く水で濡らして、ビタミンC誘導体化粧水をなじませてヒタヒタになったものを顔に貼って3~5分パックする。

ラップパック
…ビタミンC誘導体化粧水を付けた直後にラップを顔に貼り付けて1分ほどパックする。

ビタミンC誘導体は高濃度になると刺激を感じることもあるので、まずはハンドプレスでつけて大丈夫そうだったら、これらのパックも試してみてください。

まとめ

ビタミンC誘導体は自宅でできる一番の炎症ニキビ・ニキビ跡ケアなので、浸透力の高いものを使って、しっかりと治していってください。

ビタミンC誘導体化粧水の選び方おさらいしておきますね。

  • 水となじみやすい水溶性or両性ビタミンC誘導体を選ぶ
  • 即効性、浸透力が高いのは両性ビタミンC誘導体
  • 最低でもビタミンC誘導体3%以上のものを選ぶ。APPSなら1%
  • 保湿成分が含まれているもの

濃度の高さよりも浸透力が重要なので、ビタミンC誘導体の種類に注目。

ニキビーノ
どれがいいか迷ったら、ビーグレンの「ニキビ跡ケアトライアルセット」を試してみてください。
 
2種類のビタミンC誘導体+ピュアビタミンC美容液を1,800円で試すことができます。
肌にジワッと浸透していくのを実感できるはずですよ。

こちらの記事もよく読まれています
【症状別】ニキビ跡におすすめの化粧水ランキング!あなたはどのタイプ?

以上、おすすめのビタミン誘導体化粧水になります。
最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-ニキビケア商品
-,

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.