ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

ニキビの原因・治し方

赤ニキビの原因と治し方!炎症を抑えて絶対ニキビ跡にしないこと

更新日:

赤ニキビの原因と治し方
炎症して目立ってしまう赤ニキビにうんざりしていませんか?

赤ニキビって、赤いから小さくても目立つし、たまに痒くなったり、触ると痛い。
何よりも、「見られてるんじゃないか?悪口を言われてないか?」と思うと嫌になりますよね。。

ニキビーノ
赤ニキビは酷い状態だと治すのも大変だし、ニキビ跡になる危険もあるから早く治していきたいね。
 
赤ニキビは重症度で治し方が変わってきますが、基本は“悪化させない”“炎症を抑える”の2つ。

ニキビ跡や赤みのないキレイな肌を取り戻して、人と顔を合わせても恐くない生活を手に入れるために、赤ニキビの治し方や原因について知っておきましょう。

赤ニキビができる原因はアクネ菌の増殖

赤ニキビ

重症な赤ニキビ

赤ニキビはアクネ菌が毛穴の奥で大量に増殖していることが原因です。

ニキビの初期段階は白ニキビと呼ばれる、毛穴に皮脂や汚れが詰まっている状態なんですが、アクネ菌がその詰まっている皮脂をエサにしてドンドン増殖していきます。

なっちゃん
なるほど…。毛穴の奥で菌が暴れまくっているから痛かったり、痒かったりするんですね?

ニキビーノ
そうそう。だけど、アクネ菌はウイルスから肌を守って「弱酸性」の状態をキープしてくれる菌でもあるんだ。
 
アクネ菌は普段は私たちの肌にを守る“常在菌”なので悪い菌ではないんです。

しかし、エサになる皮脂が増えすぎたり、白ニキビに刺激や汚れが加わることによってアクネ菌が繁殖し、周りの細胞にも攻撃しちゃうんですね。

※増えすぎたアクネ菌は白血球遊走因子というのを出し、炎症を引き起こします。

皮脂が過剰⇒毛穴詰まる⇒刺激&汚れ⇒
アクネ菌増える⇒周りを攻撃&肌を治すために毛細血管が集中して肌が赤くなる

赤ニキビはこのような流れで増えていきます。

2~3個程度の軽症ならニキビ薬を使って治せばいいですが、5個以上も赤ニキビがある場合はニキビ薬だけでなく、炎症を抑えるスキンケアや長引かせないための生活習慣の改善が必要になります。

赤ニキビの治し方は炎症を抑えることを優先

赤ニキビの治し方
炎症を抑えることを優先する理由は、長引くとニキビ跡の赤みやクレーターになるからです。

ニキビの治し方でよく見る「食事や睡眠などの見直し、ストレスケア」は確かに重要なんですが、体の内側からのケアは時間がかかり過ぎるんですよ。

あなたもニキビはないのに肌が赤い状態になった経験はありませんか?

これは赤ニキビや黄ニキビを治すのに時間がかかってしまい、炎症によって肌の細胞や毛細血管が傷ついたせいで、赤みだけ肌に残っている状態なんです。

そうならないためにも抗炎症成分配合の化粧品で赤ニキビの炎症を抑えつつ、生活習慣を改善して、ニキビを治りやすく、できにくくしていきましょう。

まずは抗炎症成分で炎症を抑える

化粧品に配合されている、ニキビの炎症を抑えてくれる抗炎症成分は「グリチルリチン酸」(orグリチルレチン酸)とビタミンC誘導体の2つ。

ニキビ跡の赤みなどがある場合はビタミンC誘導体がいいですが、高価な商品が多いので、赤ニキビが2~3個程度の軽症ならグリチルリチン酸配合のものを選びましょう。

また、抗炎症成分+保湿成分が含まれている化粧水を使うことで、炎症を抑えながら、ニキビの発生を抑えることもできるのでおすすめです。

肌に赤みが残っている場合はビタミンC誘導体


赤ニキビの数が多かったり、肌に赤みが残っているような重症ニキビの場合は、グリチルレチン酸ではなく、ビタミンC誘導体を使うのが理想です。

ビタミンC誘導体には「炎症を抑える」「美白効果(シミを防ぐ)」「皮脂を抑える」「エイジング効果(シワ・たるみ)」などがあり、ニキビ跡を治すのに欠かせない成分。

一般的なニキビケア化粧品と比べて高価というデメリットもありますが、重症ニキビやニキビ跡に効果的なので、予算に余裕があるならビタミンC配合の化粧品を選ぶことをおすすめします。

ビタミンC誘導体化粧水おすすめ8選!!炎症ニキビ・ニキビ跡に◎

赤ニキビにおすすめの化粧水3選

1.ルナメアAC / スキンコンディショナー

ルナメアAC スキンコンディショナー評価:4.8★★★★★☆☆
容量:120ml(約1ヶ月分)
価格:2,376円

保湿力が高く、ナノ化した有効成分を毛穴の奥まで届けてニキビを治してくれるのが『ルナメアAC スキンコンディショナー』

抗炎症成分であるグリチルリチン酸ステアリルと、肌に潤いを与える天然ビタミンEや大豆リン脂質が配合されているので、炎症を抑えながら肌の生まれ変わりをサポートします。

今まで、さっぱりした化粧水ばかり使っていたなら、もっちりした肌に驚くはず。

皮脂量の多い方にはあまりおすすめできませんが、乾燥肌の方や顎やフェイスラインに潤いが足りない方にはおすすめの化粧水になります。

↑【初回限定】トライアルセットが送料無料1,080円!

2.ビーグレン / QuSomeローション

評価:5.2★★★★★☆☆
容量:120ml(約1ヶ月分)
価格:5,000円

重症ニキビやニキビ跡の赤みには、2種類のビタミンC誘導体が配合された、『ビーグレン QuSomeローション』がおすすめ。

即効性の高いVCエチルと浸透力のあるビタミンC誘導体が配合された化粧水で、ニキビの炎症を抑えるだけでなく、ニキビ跡の赤みや色素沈着を抑えるのにも有効。

17時間潤いが持続するというだけあって、つけたときの潤いが違います。
ドクターズコスメで成分を贅沢に配合している分、価格が高くなっているのが残念。

しかし、化粧水だけでなく、セットでついてくる高濃度(7.5%)ピュアビタミンC配合美容液など、今までに感じたことない効果を実感できるはずです。(肌にジワッときます)

↑【初回限定】トライアルセットが今なら59%OFF!

3.プリモディーネ / シーバムコントロールVCローション

プリモディーネ シーバムコントロールVCローション評価:4.7★★★★★☆☆
容量:100ml(約1ヶ月分)
価格:5,000円

ビタミンC誘導体の効果を実感したいなら『シーバムコントロールVCローション』

こちらの化粧水は、一般的なビタミンC誘導体よりも100倍浸透力のあるビタミンC誘導体APPSが配合されているため、肌の奥までビタミンC誘導体の効果を届けてくれます。

そのため、酷い炎症やニキビ跡の赤み、色素沈着にピッタリです。

さらに無添加にこだわっていたり、保湿力の高いリピジュアや肌の調子を整えてくれるハトムギエキスなどの成分も配合されている優れもの。

潤いが少し足りないので、乳液やクリームで保湿力をカバーして使ってください。

↑【初回限定】トライアルセットが送料無料1,800円!

小さい赤ニキビが1~2個程度ならニキビ薬を使う

小さい赤ニキビが1~2個程度なら、普段のスキンケアをわざわざ変える必要もないので、市販のニキビ薬を利用しながら生活習慣を変えていきましょう。

赤ニキビにはテラ・コートリル軟膏やペアアクネクリームWがおすすめです。

ただし、ニキビ薬は長期間使用すると副作用が起こることもあるので、1週間以上の使用は避けるようにして、時間があるなら皮膚科に行きましょう。

ニキビ薬を市販で買うならコレ!すぐに効くと評判の薬ベスト5

赤ニキビを早く治すための7つの習慣

抗炎症成分で赤ニキビの炎症を抑えることは優先ですが、赤ニキビを繰り返さないようにしたり、増えないようにするには生活習慣の見直しも大事。

ニキビができやすいことや、治りにくいことをしていなかチェックしてください。

1.食生活を見直し、ニキビによい栄養素を摂る

ニキビに良い食事
ニキビの治し方の基本として食事が大切だということは知っていると思います。

特に、お菓子や脂っぽいものなど脂質と糖分を取り過ぎるとニキビができやすく、治りにくくなるので、赤ニキビを治していくなら食べ物には注意しましょう。

積極的に食べて欲しい栄養素はこちらになります。

ニキビに良い栄養素

ビタミンA…うなぎ、まぐろ、レバー、卵、ほうれん草
ビタミンB2…卵、乳製品、うなぎ、納豆
ビタミンB6…卵、鶏肉、まぐろ、にんにく
ビタミンC…レモン、赤・黄ピーマン、いちご、キウイ
ビタミンE…うなぎ、ブリ、アーモンド、かぼちゃ
食物繊維…根菜、イモ類、豆類
乳酸菌…ヨーグルト、チーズ、発酵食品

ニキビに良い食べ物は積極的に食べて欲しいですが、それよりも糖質と脂質を控えた食生活を送り、便秘気味なら毎日便が出るようになることの方が大事です。

なっちゃん
糖分と脂質は過剰な皮脂の原因になりやすく、分解するのにビタミンやミネラルを大量に消費してしまいます!
 
ビタミンをサプリメントで補い、ニキビに悪い食べ物は避けるようにしましょう。

ニキビケアの基本!ニキビに効く食べ物&原因になる食べ物

2.夜更かしを避け、質の良い睡眠を取るようにする

また、肌のターンオーバーのためには睡眠時間も重要です。
睡眠に関しては以下の点に気を付けて、睡眠の質をあげてください。

睡眠の質を上げる方法(簡易版)

・寝る前にPCやスマホを見ない
・寝る3時間以内に食事をしない
・夜にお酒やコーヒーを飲まない
・寝る前は部屋を暗くして寝る
・最低でも6時間以上の睡眠時間を確保する
・リラックス状態になってから寝る

睡眠の質が悪い&短いと肌の再生も正常に働きません。
思い当たるものがある場合は食生活と睡眠だけでも、まずは見直してくださいね。

ニキビを治すために実践したい!質のよい睡眠を取る方法

3.洗顔方法を見直して、肌への負担を減らす

洗顔
炎症を起こしている赤ニキビに刺激は禁物です!

具体的に言うと「ゴシゴシ洗顔」は肌を傷つけてしまうし、「スクラブ入りの洗顔料」「サリチル酸配合の洗顔料」などは肌が弱くなっているときには洗浄力が強すぎます。

サリチル酸はニキビ用洗顔の中でも白ニキビや黒ニキビなどの初期段階向けです。

そのため、赤ニキビを治すときは肌への負担が少ない固形石鹸や泥(クレイ)洗顔のように汚れを吸着して落とすタイプの洗顔料を使うのがいいですね。

大人ニキビにおすすめの洗顔料8選!!正しい洗顔料の選び方

4.シャンプーのすすぎ忘れや不潔なものに注意

シャンプーのすすぎ残し
ニキビができてしまう原因の中でも見落としがちなのがシャンプーのすすぎ忘れだったり、タオルの使いまわし、枕カバーの汚れなどです。

おでこやこめかみ、背中ニキビはシャンプーのすすぎ忘れ、頬にできる赤ニキビは枕カバーの汚れが原因になっていることもあるので、見落としていた場合は注意してください。

普段は意識しないかもしれませんが、汚れは毛穴の詰まりや菌の繁殖の原因になってしまいますよ。

5.化粧やマスクでニキビを隠さない

ニキビを気にしすぎてマスクや髪の毛で隠したり、ファンデーションやコンシーラーを厚く塗って隠したくなりますが、これらも赤ニキビを増やす原因です。

さすがに仕事のときにノーメイクで行くのは気が引けると思うので、ニキビへの負担が少ないファンデーション、清潔なパフを使ってメイクしましょう。

ミネラルファンデーションのような、肌に優しいものを使うのがいいですね。

6.紫外線対策を行うこと

紫外線対策
ニキビ肌で紫外線対策をすると「ニキビが悪化しちゃうんじゃ?」って思いますよね。
たしかにSPF値が高いものや耐水性のものを使うとニキビが逆に増えることもあります。

しかし、赤ニキビのように炎症を起こしているときに日焼けをすると色素沈着(シミ)が起きて、「ニキビは治ったのに茶色のシミが残ってしまった…」いう最悪な結果になります。

ニキビーノ
凸凹なクレーター型のニキビ跡と同様、色素沈着(シミ)型のニキビ跡で悩む方も多くいらっしゃいます。
 
パウダーファンデーションを日焼け止め代わりに使ったり、オイルフリーでニキビへの影響が少ないSPFとPAの数値が低い日焼け止めを利用して紫外線対策をしてください。

紫外線はニキビの敵!ニキビを悪化させない日焼け止めの選び方

7.ストレス発散するしてホルモンバランスを整える

ニキビは住んでる場所や職場の環境が変わる、仕事でのプレッシャーや人間関係など、イライラ以外の気付かないストレスでできることもあります。

最近、環境が変わったり、頑張り過ぎていませんか?

気持ちに余裕がなかったり、仕事と会社の往復になっていたのなら、たまには仕事のことを忘れて好きなことだけをやる時間を作ったり、どこかに出かけたりしてみましょう。

ストレスでニキビができるあなたに!治らない原因と解消法12選

ここに注意!ニキビ跡まで悪化する原因

ニキビ跡になる原因
赤ニキビがニキビ跡まで悪化する原因は“炎症が長期間続くこと”“触ったり、潰すこと”の2つです。

最初の方で炎症が長期間続くと肌の細胞や毛細血管を傷つけるという理由で炎症を抑えることをお伝えしましたが、普段の生活で一番やってはいけないのが「潰す・触る」こと

炎症しているとヒリヒリして痛かったり、無性に痒くなります。
そのため、触ったり潰したくなるかもしれませんが後悔したくないなら絶対やらないように。

  • 潰す⇒ニキビ跡・悪化する可能性が非常に高い
  • 触る⇒雑菌が付着して、悪化する可能性あり

このときに我慢しきれなくて掻きむしってしまう方もいますが、そうすると炎症を治そうと集まっている毛細血管に内出血が起きて、皮膚の奥にある真皮が傷ついてニキビ跡になります。

クレーターのようなブツブツ肌だけでなく、赤みが肌に残ることも。。

そうならないためにも、赤ニキビを触ったり、潰したりすることは絶対にやめましょう!

ニキビがかゆいのはなぜ?応急処置とやってはいけない3つのこと

喫煙者はタバコを控えることを考える

タバコを吸っていない方は問題ありませんが、あなたがもし喫煙者ならタバコを控えた方がニキビが治りやすく、できにくくなる可能性があります。

タバコはたった1本吸うだけで25~100mgのビタミンCを消費するうえ、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が遅くなったり、毛穴にタールが詰まるなど悪いことだらけ。

活性酵素を増やし、炎症を強くする原因にもなるので、できれば禁煙するようにしてください。

タバコを止めたらニキビは治る?喫煙が肌にもたらす6つの悪影響

大量の赤ニキビができたら皮膚科を受診すること

皮膚科で診てもらう
大量に赤ニキビができたり、明らかに重症なニキビの場合は皮膚科に行きましょう。
皮膚科で行われるのは基本的に薬による治療です。

「ディフェリンゲル」や「ベピオゲル」「ダラシンTゲル」といった塗り薬を出されたり、内服抗菌薬である「ミノマイシン」が処方されます。

なっちゃん
ニキビ跡などになってきたら「ニキビ専門皮膚科」でピーリングや光治療などの治療になってきます。
 
病院って待たされるし、治療費が高いイメージがありますが、受診してニキビ薬をもらう程度なら保険も適用されるので、赤ニキビが続くなら一度行ってみましょう。

まとめ

赤いニキビの治し方を最後にまとめておきますね。

  • 炎症で肌が傷つかないよう抗炎症成分で抑える
  • 1~2個程度ならニキビ薬を使うようにする
  • ニキビを増やさず、悪化させないよう生活習慣に気を遣う
    特に、ニキビができやすい食べ物に注意することと、便秘気味なら便秘解消に役立つ食べ物を食べること
  • 赤ニキビを触ったり、潰すとニキビ跡になるからやらない

赤ニキビの治すには第一に炎症を抑えること、それと同時に生活習慣に気をつけることです。

ニキビーノ
内側からのケアはもちろんですが、スキンケアやニキビ薬を使って炎症を早く抑えましょう!
 
炎症は放置すると肌の奥まで傷つけ、ニキビ跡や色素沈着として残って後悔してしまいます。
また、何度も再発してクレーター型のニキビ跡ができちゃった…。

なんてことにならないように、こちらに書いている赤ニキビの治し方を実践して、早く炎症を抑えて赤ニキビを治していきましょうね。

以上、赤ニキビの原因と治し方になります。
最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-ニキビの原因・治し方
-

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.