ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

その他のニキビの悩み

紫外線はニキビの敵!ニキビを悪化させない日焼け止めの選び方

更新日:

ニキビを悪化させない日焼け止めの選び方
「ニキビがあるときに日焼け止めをつけるのは良くない気がする…」

そう思ったことはありませんか?

でも実は、日焼け止めをつけるより、紫外線を浴びる方がニキビを悪化させるし、シミのような色素沈着を残し、見た目的にも残念な肌になってしまいます。

なっちゃん
肌への負担が少なく、外にいる時間に合わせた日焼け止めを使えば、ニキビが悪化することはありません!
 
夏になって日差しが強くなると、ニキビの悪化だけでなく、将来的にシミやシワを作ってしまう原因になるので、ニキビがあっても日焼け止めをつけましょう。

こちらでは、ニキビがあっても日焼け止めが必要な理由や、おすすめの日焼け止め、日焼け止めの選び方について紹介しています。

日焼け止めを目的別に上手に使って、肌への負担を減らしてあげてください。

【日焼け止めの選び方が必要ない方は!】
おすすめの日焼け止めを先に見に行くならこちら

ニキビがあっても日焼け止めが必要な理由

ニキビがあっても日焼け止めは必要
日焼け止めの中には油分が含まれているものもあるので、ニキビ肌には良くないイメージが強いですが、紫外線を直接浴びる方が悪影響。

紫外線が肌に当たると以下のようなことが起きます。

  • 紫外線から肌を守るために角質を厚くする
  • …毛穴が塞がることで、皮脂が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなる。

  • 活性酵素を発生させて、炎症を悪化させる
  • …アクネ菌を分泌する「ポルフィリン」が、活性酵素を発生させる。

  • 肌のバリア機能が低下して、乾燥の原因に
  • …水分の蒸発やコラーゲンの破壊によって、肌の乾燥を招く。

  • 色素沈着タイプのニキビ跡ができる
  • …紫外線によって、メラニンが生成されてニキビの赤みやシミに変わる。

紫外線を浴びることが肌に良くなってことが分かりますよね。

ニキビは増えやすくなるし、炎症も悪化、ニキビが治りにくくなるし、ニキビ跡になる…。

こうした肌へのダメージを防ぐために、ニキビがあるときでも日焼け止めを使って、紫外線から肌を守ってあげる必要があるんです。

ニキビを悪化させない日焼け止めの選び方

日焼け止めといってもドラッグストアに行けば、何種類もあるので、ニキビがあるデリケートな状態の肌におすすめの商品ってどれなのか迷いますよね。

つい、SPF・PAの数値が高いものを選びがちですが、それは間違いです。

ここからは、ニキビ肌に使っても負担が少ない日焼け止めの選び方を紹介するので、買う前にチェックしてから購入しましょう。

SPF・PAの数値が高すぎないこと

日焼け止めの選び方
日焼け止めをチェックするときに欠かせないの、SPFとPAの数値です。

  • SPF(UV-Bを防ぐ効果の高さ示す数値)
    …UV-Bは肌の表面に活性酸素を作って、メラニンを発生させる紫外線で、SPF1で約20分間の紫外線カットができます。
  • PA(UV-Aを防ぐ効果の高さを示す数値)
    …UV-Aは肌の内部に活性酵素を作って、真皮にある成分(コラーゲンなど)を破壊する紫外線で、PAの「+」が多いほど効果が高いです。

数値が高いほど、紫外線から肌を守ってくれるので、CMとかでも数値の高さを強調している商品が多いんですが、数値が高いほど肌への負担も大きくなります。

SPF50だと、約1000分(16時間40分)も紫外線をカットできますが、外での仕事やスポーツ、レジャーにでも行かない限り、そんな紫外線を浴び続けてる人はいないと思います。

日常生活で使うならSPF20~30、PA++までの日焼け止めで十分です。

これ以上になると、肌への負担が大きくなってしまいます。

海や山など、紫外線が強い場所で使うなら、SPF20~30、PA+++の日焼け止めをこまめに塗り直すのがおすすめ。

紫外線吸収剤不使用のもの

ノンケミカルの日焼け止め
日焼け止めのUVケア成分には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類あります。

  • 紫外線吸収剤(t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、オキシベンゾン-3)
    …皮膚の表面で紫外線を吸収して、エネルギーにして放出する有機化合物で、紫外線を防ぐ力は強いけど、肌への負担も大きい。
  • 紫外線散乱剤(酸化チタン、タルク)
    …肌の表面で紫外線を反射してくれる。有機化合物ではないので、肌への負担が少なく、“ノンケミカル”と表示されてる。

紫外線吸収剤は肌に対して刺激のある成分なので、ニキビがある肌にはおすすめできません。

紫外線散乱剤は、白浮きしやすかったり、使い心地が悪いデメリットもありますが、肌への負担が少ないので、ニキビ肌に使うなら紫外線散乱剤を使用したものを選んでください。

オイルフリーのものを選ぶ

ニキビの原因であるアクネ菌や皮脂や油分をエサに繁殖するので、オイルフリーのものを選んだ方がニキビができにくく、悪化する可能性も減ります。

成分を見ただけでは判断しにくいので、「ノンオイル」「オイルフリー」「ノンコメドジェニック」などの表記がないかチェックしましょう。

できるだけ無添加のものを選ぶ

オイルだけでなく、香料や着色料など紫外線ケアと関係ない成分も肌によくありません。
無香料・無着色料などの表記があるものを選んだ方がいいですね。

ウォータープルーフの日焼け止めはNG

ニキビにウォータープルーフの日焼け止めはNG
汗や水で崩れないためにウォータープルーフの日焼け止めも販売されていますが、落とすのにクレンジングが必要になってしまい、肌への負担も大きくなります。

また、毛穴を塞いでしまうので、使い続けるとニキビができる原因になることも。

海やプールに行くとき限定なら問題ありませんが、普段からウォータープルーフの日焼け止めを使うことは避けるようにしてください。

【目的別】ニキビ肌におすすめの日焼け止め6選

ニキビ肌におすすめの日焼け止め
ニキビ肌のために日焼け止めを選ぶときのポイントは以下の4つ。

  • SPF20~30・PA++程度のもの
  • 紫外線吸収剤不使用のもの
  • オイルフリーなもの
  • 無添加のもの
  • ウェータープルーフのものは使わない

このポイントをすべて満たしたものを使うのが理想ですが、SPFが高すぎたり、オイルフリーじゃなかったり、と条件がすべて合うものはなかなか見つかりません。

そこで、こちらでは目的別におすすめの日焼け止めを紹介していくので、日焼け止め選びに迷ったときはこちらを参考にしてください。

1.【室内】草花木果 化粧下地

草花木果 化粧下地
普段、日中は室内にいることが多く、いつも使っている化粧品を変えたくないって方におすすめなのが、化粧下地タイプの「草花木果 化粧下地」。

SPF25・PA++で紫外線吸収剤も不使用、100%無添加で肌に優しいのもポイント。

テカリや化粧の汗崩れを防止しながら、紫外線をカットしてくれます。

容量:26ml(約100回分)
価格:2,160円(税込)

草花木果 化粧下地の詳細をAmazonで見る

2.【室内】エトヴォス ミネラルファンデーション

エトヴォス ミネラルファンデーション
クリームタイプの日焼け止めはどんなに肌に優しいものでも、毎日使っていると負担がかかってしまい、ニキビができやすくなります。

そこでおすすめなのが、日焼け止め効果のあるファンデーション。

エトヴォスは、肌への負担が少ないパウダータイプ&低刺激のミネラルファンデーションなので、肌やニキビへの負担がほぼありません。

SPF30・PA++なので、日常的な紫外線も十分カットしてくれます。
落とすときにクレンジングも必要とせず、洗顔だけでオフできるのもいいですね。

外を出歩く時間が少なく、ニキビを増やしたくない方におすすめ。

容量:4g(1.5~2.5ヶ月分)
価格:3000円⇒初回限定1,800円(税抜)

エトヴォスの公式サイトで詳細を見る

3.【外出】キュレル UVエッセンス

キュレル UVエッセンス
花王が販売している敏感肌向けシリーズでお馴染みの「キュレル」の日焼け止め。
伸びがよく、サラッなじむエッセンスタイプで軽い付け心地なのが好印象です。

SPF30・pA+++で、全身にも使えるので2~4時間程度の外出にもピッタリ。
無香料・無着色・オイルフリー・紫外線吸収剤フリーで肌にも優しいですね。

容量:50g
価格:1,620円(税込)

キュレル UVエッセンスの詳細をAmazonで見る

4.【レジャー・スポーツ】オルビス サンスクリーン フリーエンス

オルビス サンスクリーン フリーエンス
ニキビケア化粧品で有名なオルビスから販売されている日焼け止め。

先ほどのキュレルと同じく、SPF30・pA+++ですが、サラッとしたつけ心地で、汗をかいてもベタつかないので、野外でのレジャーやスポーツなどをするときにおすすめ。

無油分・無香料・無着色・紫外線吸収剤不使用で、人気のある日焼け止めになります。

容量:50ml
価格:1,200円(税抜)

オルビス サンスクリーン フリーエンスの詳細をAmazonで見る

5.【山・キャンプ】ドゥーエ 日焼け止めノンケミカル

ドゥーエ 日焼け止めノンケミカル
資生堂が販売している、紫外線吸収剤やや防腐剤、香料、着色料などを使用せず、紫外線散乱剤だけを配合した日焼け止め。

SPF45・PA+++なので、普段使いをするには肌への負担が大きいですが、山やキャンプ、フェスなど、長時間外にいるイベントにおすすめです。

効果の高い日焼け止めは肌荒れが起きやすいですが、こちらなら肌が弱い方でも安心です。

容量:40g
価格:2,200円(税抜)

ドゥーエ 日焼け止めノンケミカルの詳細をAmazonで見る

6.【海・プール】アクセーヌ マイルドサンシールド

マイルドサンシールド
低刺激ブランドとして有名なアクセーヌで人気の日焼け止め。

香料やアルコールの入っていないノンケミカルの日焼け止めで、紫外線による乾燥から肌を守るためにヒアルロン酸などの保湿成分も配合されています。

SPF28・PA++で肌への負担も軽いので、ニキビがなければ普段使いにもおすすめですが、ウォータープルーフタイプなので、海やプールに行くときに使用しましょう。

容量:22g
価格:3,000円(税抜)

アクセーヌ マイルドサンシールドの詳細をAmazonで見る

日焼け止めの上手な塗り方

日焼け止めの塗り方
日焼け止めを買ったはいいけど、ニキビにもつけても大丈夫なのか?
たっぷり塗った方がいいのか?薄く塗った方がいいのか?

ニキビがあると、どうしても細かいことが気になってしまうと思うので、日焼け止めを塗るときのポイントを簡単に紹介しておきます。

  1. 日焼け止めを塗る前に化粧水で肌を整える
  2. ここは言葉通りに意味で、日焼け止めを塗る前に化粧水や美容液などで肌を整えておく必要があります。

    日焼け止めを塗る前におすすめのニキビ化粧水をチェック↓
    大人ニキビにはコレ!!おすすめの化粧水ランキングTOP10!

  3. 適量を少しずつ、薄く塗っていく
  4. 日焼け止めは、クリームタイプやミルクタイプなど種類によって量が異なるので、その商品に記載されている適量を守り、少しずつ、薄ーく塗っていきましょう。

    ニキビの上にも付けて大丈夫なので、気にせず伸ばして塗ってください。

  5. 外にいる時間が長いならこまめに塗り直す
  6. ニキビ肌にはSPF・PAの数値が低い日焼け止めが向いているので、外にいる時間が長くなる場合は2~3時間おきに塗り直す必要があります。

    メイクの上から日焼け止めをつける場合は、ファンデを軽く落としたあとに塗り直しをしましょうね。

まとめ

ニキビに日焼け止めは塗った方がいい
ニキビがあっても日焼け止めを塗った方がいい理由や、選び方を知ることはできましたか?

最後に、ニキビ肌に合った日焼け止めの選び方をまとめておきますね。

  • 肌への負担が少ない(SPF20~30・PA++くらい)日焼け止めを選ぶ
  • 紫外線吸収剤を使用していないもの
  • オイルフリーのものを選び
  • できるだけ無添加(香料・着色料など)のもの
  • ウォータープルーフタイプを日常的に使わない

紫外線を浴びるとニキビは増えるし、治りにくくなるので、必ず塗るようにしよう!

ニキビーノ
日焼け止めは、その商品の推奨量を守って、薄く伸ばして使うようにしましょう。ニキビの上に塗ってもOKです。
 
強い日焼け止めを毎日使い続けると、ブツブツとニキビができてしまいますが、肌への負担が少ない日焼け止めなら、紫外線から肌を守って、ニキビも悪化しにくくなりますよ。

以上、ニキビがあっても日焼け止めが必要な理由と選び方になります。
最後まで、ご覧頂きありがとうございます!

-その他のニキビの悩み

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.