ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

ニキビの原因・治し方

ストレスでニキビができるあなたに!治らない原因と解消法12選

更新日:

ストレスでニキビができる女性
「ストレスでニキビができるのはなぜ?」
「ストレスのせいでできるニキビをどうにかしたい」

ストレスでニキビができることはなんとなく知ってるけど、どうしてできるのか?
どうやって解消すればいいのか?って分かりにくいですよね。

なっちゃん
ストレスが溜まっているとスキンケアや睡眠、食生活を改善してもなかなか治らない場合もあります。
 
そんな治りにくいニキビを治すためのストレス解消法を紹介します。

ストレスは目に見えないので、溜まり過ぎるとニキビだけでなく、うつ病や円形脱毛症、偏頭痛、じんましんなどの病気になる可能性もあるので上手に発散していくことが大事。

あなたに合ったストレス解消法を見つけて、ニキビに悩まない日々を手に入れましょう。

ストレスでニキビができる原因とできやすい場所

ストレスとニキビの関係
ストレスでニキビができる原因は、そこまで重要のでサラッと紹介していきます。
人はストレスを感じると自律神経の中の交感神経と呼ばれる部分に強い影響を与えます。

  • 交感神経…活動的、緊張状態、ストレスがかかっている状態
  • 副交感神経…休憩中、眠っている、リラックスしている状態

健康な人はこの自律神経が交互に働いているんですが、ストレスが溜まると交感神経が優位な状態が続き、「ノルアドレナリン」という物質が分泌が多くなるんです。

ニキビーノ
ノルアドレナリンというのは「怒りのホルモン」「ストレスホルモン」とも呼ばれています。
 
幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」と逆のホルモンですね。
また、ストレスによって「「男性ホルモン」の分泌も増えてしまいます。

この「ノルアドレナリン」と「男性ホルモン」の両方が増えることで

  • 皮脂の分泌が増えて、テカテカな脂性肌になる
  • 肌の角質を厚く、固くなるの皮脂が詰まりやすくなる

といった、体の変化が起きるのでニキビができやすくなるんです。

ストレスでニキビができやすい場所

男性ホルモンが増えるので、女性でも顎や口周り、フェイスラインなど“ヒゲが生える場所”や左側の頬にニキビができやすくなります。

ストレスでニキビができやすい人の特徴やタイミング

じゃあ、どんな人・タイミングでニキビができるのかを例を出していきます。
自覚がないストレスもあるので、当てはまるものがないかチェックしてください。

ストレスを溜めやすい人の特徴

ストレスでニキビができやすい人の特徴
まずはストレスを溜めやすい人の特徴を紹介していきます。

  • 何事にも一生懸命、責任感が強い、頑張り屋さん
  • 真面目で曲がったことが嫌い
  • 人に相談しないで一人で抱え込んでしまう
  • 人に心配・迷惑をかけたくない思いやりがある
  • 思ったことを伝えられない、感情表現がヘタ
  • 神経質、他人の行動が気になる
  • 物事を悲観的に考える、ネガティブ思考

上記のような方はストレスを溜めやすい体質の方です。

楽観的になろうとか、余裕をもって考えるようにしようと言っても、性格を変えるのは難しいことなので趣味や好きなことに没頭できれば一番いいですね。

なっちゃん
趣味などがない場合は「ストレスを解消して、自律神経を整える12の方法」を参考にしてください。
 
また、性格ではありませんが、“自律神経を乱す行動”をよくする方も要注意。
例えば、以下のような行動になります。

  • ゲームのやり過ぎやスマホを長時間見ている
  • 寝るタイミングが不規則、夜型の生活
  • 食品添加物やトランス脂肪酸の摂り過ぎ
    (ポテトチップス、インスタント食品、ファーストフード、コンビニなど)

これらは性格とは違って、すぐにでも改善できる行動なので、当てはまるものがあればすぐにでも改善しましょう。(特に食生活)

ストレスでニキビができやすいタイミング

ストレスが起きやすい出来事
ストレスといっても、イライラだけでなく不安や恐怖・緊張、不快感なども含まれるので、ストレスと気付かない場合もあります。

最近、以下のようなできごとがなかったかチェックしてください。

  • 就職や転職、異動、昇進など職場での変化
  • 進学やテスト、試験など学校生活の変化
  • 職場、学校、ママ友などの人間関係
  • 引っ越しや花粉、ハウスダスト、騒音、寒さなど環境の変化
  • 結婚、離婚、失恋、いじめなどの心の変化
  • 将来への不安や金銭的な問題

環境や人間関係、心に変化を感じるタイミングでストレスを感じることもあります。

ニキビーノ
嫌なことや悩みを忘れてみるなど、少し距離を取るような対処をしていきましょう。

やってはいけないストレス解消法をしてる

やってはいけないストレス解消法
では、ここからストレス解消法について紹介していきますが、ストレス解消法の中にはニキビの原因になるものもいくつかあります。

例えば、

  • お酒を飲みまくって愚痴を言う
  • タバコをスパスパと何本も吸う
  • お菓子やジャンクフードなどをバクバク食べる

ストレスが溜まってムシャクシャすると、つい暴飲暴食をしたり、タバコを吸ってストレスを抑えようとしますが、これらの行動は逆効果。

体の老化を早める活性酵素が発生したり、お菓子などに含まれる糖分と脂質が皮脂の分泌を増やしてしまいます。

なっちゃん
「ニキビが治らない→暴飲暴食→ニキビが増える→暴飲暴食」と最悪な循環を繰り返すことになりますよ!
 
ストレスを発散しようとして、逆に肌に悪い影響を与えてしまうので止めましょうね。

ストレスを解消して、自律神経を整える12の方法

性格や今の環境、人間関係をすぐにどうにかするのは難しいこともありますよね。
まずは、すぐにできるストレス解消法でストレスを緩和していきましょう。

1.運動・筋トレをする

ストレス解消1
ストレスを解消するのにおすすめなのが思いっきり体を動かすことです。
ゆっくりした動きは考え事をしてしまうので、激しい運動の方が効果的。

おすすめはYouTubeの動画を参考にボクササイズやエクササイズをすること。

家の中ですぐにできるし、ストレスが発散されるだけでなく、体も引き締まって見た目にも自信が付くので一石二鳥です。

2.笑ったり思いっきり泣く

ストレス解消2
人は笑顔を作りながら怒ったり、悲しんだりすることができません。
まずは作り笑いでいいから口角を上げて笑顔を作ってみましょう。

笑顔を作るだけでも効果的ですが、笑える動画や動物の可愛らしい動画、大好きな感動できる映画などを観て、大笑いしたり、思いっきり泣いてみてください。

笑ったり泣いたり、感情を思いっきり開放すると副交感神経(リラックス状態)が優位になって自律神経が整えられます。

3.自然に触れる・太陽の光を浴びる

人によっては体を動かすよりも日常から離れることでストレス解消できる場合も。
旅行やキャンプ、散歩に行って自然や太陽の光を浴びてみましょう。

自然に触れることで心を浄化、癒されてください。

4.十分な睡眠時間を取る

睡眠不足も自律神経が乱れてしまう原因の一つ。
また、肌が生まれ変わるのは寝ている間なので睡眠はとても大切です。

1日6時間以上、決まった時間に寝て起きるように心がけてみましょう。

5.食事に気を遣う

ストレス解消の食べ物
ニキビができやすい人の特徴として“食品添加物やトランス脂肪酸の摂り過ぎ”があります。
これらの食べ物も自律神経を乱したり、腸内環境を悪くする原因に。

トランス脂肪酸を取り過ぎると攻撃的になるという結果もあるので、ストレスの解消ではありませんが、ストレスに効く食べ物を積極的に摂取しましょう。

  • カルシウム…牛乳、小魚、チーズなど
    ストレスと言えばカルシウム。カルシウムが不足すると筋肉や神経が異常興奮してイライラの原因になります。
  • ビタミンB群…卵、乳製品、納豆、青魚など
    ストレスを感じるとビタミンB群が大量に消費されます。肌の生まれ変わりを助ける成分でもあるので積極的に摂取しましょう。
  • ビタミンA…卵、人参、ほうれん草、かぼちゃなど
    ストレスに対抗するホルモンを作ってくれます。

6.音楽を聴く・踊る・歌う

ストレス解消3
好きな音楽を聴いて歌ったり、踊ったりすることもストレス解消になります。

歌ったり、音楽を楽しむことでストレス物質である“コルチゾール”が減少し、副交感神経が優位になってリラックス状態に。

家の中がガンガン音楽をかけてもいいし、時間があるときに一人カラオケに行って、自分の好きな歌を思う存分歌うのもいいと思います。

7.腹式呼吸や瞑想を行う

スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツ、イチローなど一流・成功者と呼ばれる方が実践しているのが“瞑想”

本格的な瞑想じゃなくても、15~20分ほど、目をつむって呼吸に意識を向けて何も考えないようするだけで、不安や怒り、悲しみ、恐怖などのストレスを解消することができますよ。

8.紙に書きなぐる

怒りや不安、焦り、恐怖、嫉妬心などを全部紙の上に書き殴ってみましょう。
紙に書くことで、頭の中に溜まっていたゴミを全部出した状態にします。

そして、あなたがストレスに感じていたものを見ることで、感情を整理できたり、「なんでこんなことで悩んでいたんだ?」と思うくらい簡単に解決策が見つかる場合もあります。

9.壊していいものを壊す

ストレス解消4
イライラして物を投げたくなったり、壊したい衝動に駆られることってありますよね?
少し乱暴な方法ですが、何かを壊すこともストレス解消になります。

ただ、人に迷惑をかけたり、必要なものを壊すと後悔や罪悪感を感じる場合も。
だから、壊すときは壊していいものを壊してください。

例えば、

  • 先ほどのストレスを書いた紙やいらない雑誌をビリビリ破く
  • 空になったアルミ缶を潰してみる
  • 投げても壊れないものを投げる

など、気持ちいいと感じるものを壊してみましょう。

10.悩みや不安、イライラを人に話す

信頼できる、絶対にあなたの味方になってくれる方に悩みや不安、イライラ、愚痴を話すのもストレスを解消できる一つの方法。

ポイントはあなたのことを否定しない人に話すことです。

あなたのことを否定したり、非難するような方と話してしまうと逆にストレスを抱えることになるので、話す相手はあなたの味方をしてくれる人にしましょう。

11.断捨離、部屋をキレイにする

ストレス解消5
断捨離やミニマリストなどが流行っていますよね。

ストレス解消とまでは言いませんが、物を減らしたり、キレイに整理整頓することでストレスが溜まりにくくなります。

部屋を片付けるときは仕事や雑用のようにするのではなく、キレイになっていくことを楽しみながら行いましょう。

12.ストレス解消グッズを使う

「ストレス解消にわざわざグッズを使う必要あるの?」と思うかもしれませんが、使ってみると意外と気持ちよくてビックリすることも。

上記のストレス解消法でピンとくるものがなかった方は試す価値ありです。

Amazonや楽天にも色々な商品があるので、調べてみてください。

まとめ

あなたに合ったストレス解消法は見つかりそうでしたか?
ここで紹介したのは一時的にストレスを発散させる方法に過ぎません。

ストレスでニキビができやすい人の特徴やタイミング」で紹介した、ストレスの根本的な原因を解決していくことが大事。

ニキビーノ
ストレスを溜めやすい方・環境にいる場合は、それを改善することができないか考えてみてください。
 
ストレスを感じない生活ができればニキビもできにくく、治りやすくなります。
まずは、簡単にできる解消法を行って、ストレスを発散させていきましょう。

ストレスニキビと似てるので、生理前ニキビもあります。
もし、生理前にばかりニキビができる場合はこちらも一緒にご覧ください。

関連記事生理前ニキビを徹底予防!!もう繰り返さない4つの予防法

関連記事知らないと繰り返す!大人ニキビ(吹き出物)の原因と治し方

以上、ストレスとニキビの関係になります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

-ニキビの原因・治し方

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.