ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

ニキビと食べ物の関係

豆乳でニキビができる?治る?正しい選び方と効果的な飲み方

投稿日:

豆乳のニキビへの効果
「豆乳を飲んだらニキビが治るって聞いたけど本当?」
「豆乳でニキビが増えたって聞いたこともあるんだけど…」

豆乳は美肌にいい飲み物として有名ですが、「ニキビができた」「ニキビが増えた」なんて口コミもあって、肌荒れ改善効果を期待して飲みたいけど少し心配ですよね。

ニキビーノ
結論を先に伝えると、豆乳は飲みすぎに注意して、適切な量を飲めば美肌効果を実感できます!
 
こちらの記事では、豆乳がニキビなどの肌荒れにもたらすや、失敗しない豆乳の選び方、おすすめの飲み方などをまとめています。

特に、豆乳の選び方はものすごーく大事!!

これから豆乳生活を始める方は、美肌にいい豆乳の選び方を知って、周りと差をつけてください。

豆乳がニキビにもたらす嬉しい美肌効果

豆乳の美肌効果
原材料が大豆でできている豆乳は、たんぱく質やビタミンB群、ビタミンE、レシチン、サポニン、オリゴ糖など栄養素がとても豊富。

その中でも、ニキビなど肌荒れに有効な理由を紹介していきますね。

ホルモンバランスを整える

豆乳といえば「大豆イソフラボン」
豆乳の美肌効果を支える成分と言っても過言ではありません。

大豆イソフラボンは女性ホルモンの一つ「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と似た作用があり、ホルモンバランスを整え、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促してくれるんです。

ホルモンバランスが整えられることによって、生理前のニキビや肌荒れができにくくなるうえ、エストロゲンは肌に潤いやハリに良い影響を与えてくれる美肌ホルモン。

だから、豆乳を飲むことで肌の調子が良くなっていくんです。

豆乳が生理前ニキビに特に効果があると言われる理由は、生理前になると「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という、エストロゲンと逆の性質のホルモンが増え、エストロゲンが減少するから。

生理前の女性ホルモンの周期

プロゲステロンは子宮内膜を厚くして、妊娠に備える大切な役割がありますが、普段は便秘になりやすくしたり、皮脂分泌を過剰にするのでブスホルモンと呼ばれることもあります。

豆乳を飲むことで、このホルモンバランスの乱れを穏やかにしてくれるわけです。

その他、血流をよくして免疫力を高める「サポニン」も、大豆イソフラボンとともに生理前のホルモンバランスを整えるのに効果的です。
 

良質なタンパク質やビタミンが豊富

豆乳には、大豆イソフラボンの他にも良質なたんぱく質やビタミンが豊富に含まれています。

  • 大豆オリゴ糖
    …腸内の善玉菌を増やす働きがあり、便秘解消効果が期待できます。腸内環境が良くなればニキビ改善にもつながります。
  • ビタミンB群
    …ビタミンB2とB6は皮脂の抑制や肌のターンオーバーをサポートしてくれる。
  • ビタミンE
    …抗酸化作用と血液循環をよくする作用があり、肌を健康な状態に保つ。

その他にも、葉酸、パントテン酸、リノール酸などのビタミン群やカリウム、亜鉛などのミネラルによって、美肌へと導いてくれます。

豆乳の種類と正しい選び方

美肌にいい豆乳の選び方
スーパーなどで販売されているされている豆乳には、「無調整豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」の3種類がありますが、美肌効果のために飲むなら無調整豆乳がおすすめ!

それぞれの種類について簡単に説明しておきますね。

無調整豆乳

無調整豆乳とは、大豆と水だけで作られている豆乳のことで、添加物や糖分など余分なものが一切加わっていないため、豆乳を初めて飲む方にとっては飲みにくさを感じると思います。

味の調整がされていないので、豆腐を飲んでいるような独特の味がしますが、その分、効率よく豆乳の栄養素を吸収できるので、ニキビのない美肌を目指すなら無調整豆乳がおすすめ。

調製豆乳

大豆と水の他に、砂糖やカルシウムなどが含まれていて、飲みやすく調整されている豆乳です。

飲みやすい豆乳なのでこちらを好んで飲む方もいますが、大豆成分が無調整豆乳よりも少なく、糖分も含まれているので飲みすぎると逆にニキビができたり、太る可能性もあります。

豆乳飲料

大豆独特の味や臭みが一番抑えられている豆乳で、バナナ味や紅茶味、イチゴ味などの果汁で味付けされているので非常に飲みやすい豆乳です。

大豆固形分も低く、ジュース感覚なので、美肌目的に飲むにはおすすめできません。

豆乳で美肌を手に入れる効果的な飲み方

豆乳の飲み方
豆乳はたまーに飲むんじゃなくて、毎日継続して飲んだ方が美肌効果をアップさせることができます。
そのため、どのくらいの量を飲んだらいいのか?どんな飲み方がおすすめか紹介していきます。

豆乳の一日の適量は1日200~250ml

食品安全委員会が発表している大豆イソフラボンの摂取量は70~75㎎

無調整の豆乳に含まれている大豆イソフラボンは200mlで56㎎程度入っているので、スーパーやコンビニに売っている200mlパックの豆乳1本飲めば十分です。

大豆イソフラボンは豆腐や納豆、味噌など豆乳以外からも当然摂取しているので、普段から大豆製品を食べている人は、1日1本を目安にしてください。(1000mlパックの場合は調節が必要)

豆乳は1日にたくさん飲むより、毎日継続して飲む方が効果的なので最低1~2ヶ月は続けてみましょう。

美味しく続けたいならバナナなどで味の調節を!

さきほども伝えましたが、無調整豆乳は大豆の味が濃くて、人によっては飲みにくいと感じます。

「無調節豆乳ってまずいな」って感じたら、バナナと一緒にミキサーにかけてバナナ豆乳にしてみるなど、フルーツなどと一緒に摂取するのがおすすめ。

ガムシロップのような人工甘味料とは違う甘さなので健康的です。

豆乳バナナの作り方
材料
豆乳・・・200ml
バナナ・・・1本

  1. バナナを適当な大きさにカットする
  2. ミキサーにバナナと豆乳を入れる
  3. お好みではハチミツで甘みを加える
  4. コップに入れて完成

 
豆乳とバナナの他にヨーグルトや黒ごまなどを入れてスムージーにしても良いですね
ホットで飲む場合は、ココアやきな粉を混ぜるのもおすすめです。

豆乳とバナナはどちらもビタミンが豊富だし、バナナに含まれるカリウムは体内の水分調整機能があるので、むくみ解消や肌の老廃物を排出するのをサポートしてくれますよ。

また、豆乳の栄養吸収率をさらにアップさせるために温めて飲むことも効果的です。

特に、空腹時に豆乳を飲むとイソフラボンの吸収力が良くなります。

豆乳の飲み過ぎはニキビを増やす!?

豆乳の飲み過ぎはニキビによくない
大豆イソフラボンにエストロゲン(卵胞ホルモン)と似た働きがあることを先ほどお伝えしましたが、適量を守らずに過剰摂取してしまうと、逆にホルモンバランスを崩してしまう恐れがあります。

また、無調整豆乳以外だと、皮脂を増やす糖質が入っているのも気になりますね。

「豆乳を飲んだら逆にニキビが増えた」なんて噂がある理由は、そんな豆乳の過剰摂取によるホルモンバランスの乱れや、調整豆乳の飲みすぎによる糖質摂取が関係してきます。

豆乳の美肌効果をたっぷり得たいからと言って豆乳を飲みすぎてしまうと、ホルモンバランスが乱れて肌トラブルが起こってしまうかもしれません。

豆乳を飲むときは、一日の摂取目安量を守ることが何より大切なのです。

「ニキビに良くないかも?」と思って豆乳を飲むのをやめるのではなく、ニキビ改善効果が期待できる量、飲み方で豆乳を取り入れてみてください。

まとめ

豆乳のニキビへの効果や選び方は分かりましたか?
最後に、これまでの内容をまとめておきます。

  • イソフラボンでホルモンバランスを整えてくれる
  • 大豆オリゴ糖やビタミンB群、ビタミンEなど美肌成分が豊富
  • 豆乳を飲むなら余計なものが入っていない「無調整豆乳」
  • バナナなどでスムージーを作ると栄養UP&飲みやすい

豆乳生活を始めるなら、「無調整豆乳」を適量を守って継続的に飲み続けることが大事!!

ニキビーノ
飲みすぎたり、調整豆乳など糖質が入ったものだと逆にニキビが増えることもあるので注意しましょう。
 
豆乳は上手に取り入れればニキビ改善の強い味方になってくれるはずです。

大きな効果を期待できる種類の豆乳を効果的な飲み方、適量で毎日継続して飲んでみましょう。

こちらの記事もよく読まれています↓
ニキビケアの基本!ニキビに効く食べ物&原因になる食べ物

以上、豆乳のニキビへの効果と選び方になります。
最後まで、ご覧いただきありがとうございます!

-ニキビと食べ物の関係

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.