ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

ニキビのできる場所別

胸や背中のブツブツはニキビじゃないかも?その正体とケア方法を紹介!

更新日:

マラセチア毛包炎
「背中ニキビだと思ってケアしてるけど全然治らない…」
「胸のブツブツに皮膚科でもらった薬を使っていたら悪化した…」

ニキビだと思って、もしくはニキビだと診断されてケアしているのに、治らないから調べてみたら“マラセチア毛包炎”の可能性があることを知ると思います。

なっちゃん
マラセチア毛包炎はニキビと似ているので、医師でも目視だけだと間違えることがあるくらいです!
 
「マラセチア毛包炎かもしれない…」と不安に思っている方は、ニキビとマラセチア毛包炎の違いを画像で確認しましょう。

こちらでは、マラセチア毛包炎の特徴や皮膚科でもらえる薬の種類、市販薬や石鹸を使った自宅でできる対策について紹介していきます。

背中や胸、首にできたブツブツをどうにかしたい方はご覧ください。

マラセチア毛包炎とは?ニキビとの違いを画像で確認

マラセチア菌
マラセチア毛包炎とは、マラセチア菌というカビ(真菌)が原因で起こる皮膚炎の一つ。

マラセチア菌も、ニキビの原因であるアクネ菌と同じで、皮脂や汚れ、ジメジメとした湿気の多い場所を好むため、条件が満たされると毛穴の中で一気に繁殖していきます。

例えば、

  • 梅雨の時期や汗をかきやすい夏
  • 汗をかいても、そのまま放置する
  • 布団などの寝具を洗わない
  • 通気性の悪いシャツなどを着ている
  • シャンプーやトリートメントのすすぎ残し

など、不衛生・高温多湿という条件が揃うとマラセチア毛包炎になりやすいですね。

ニキビーノ
顔ではなく、背中や胸にできやすい理由は服で覆われて、蒸れやすくなっていることが原因。
 
そんなマラセチア毛包炎とニキビをどうやって見分ければいいのか?
まずは、それぞれの画像をご覧ください。

背中ニキビ

背中ニキビ

マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎(出典:Allabout Beauty

ニキビとマラセチア毛包炎では微妙に違いがあります。
マラセチア毛包炎の特徴としては

  • 赤いブツブツのてっぺんが光沢のある感じ
  • ニキビのように潰しても膿がでない
  • 10個近く一気にできた

一番わかりやすいのは、一か所に何個も密集している場合ですね。
ニキビは不規則にできますが、マラセチア毛包炎は近くに何個もできることが多いです。

他にも、少し痛みやかゆみを感じる場合もあります。

マラセチア毛包炎はニキビとは違い、自宅で治すことや自然に治ることは難しいので、判断が難しい場合は皮膚科で診てもらうようにしましょう。

背中ニキビだと思ったら、こちらをご覧ください↓
背中ニキビの治し方!すぐ治すなら薬やクリーム、石鹸の即効ケアで!

マラセチア毛包炎を治すなら皮膚科!

マラセチア毛包炎に効く薬
マラセチア毛包炎は、マラセチア菌(医師によっては癜風菌(でんぷうきん)と呼びます)という真菌(カビ)が原因なので、治すには抗真菌薬を使います。

ニゾラール

ニゾラール
内容量:15g
成分:ケトコナゾール
副作用:皮膚の剥がれ、赤み、刺激など

皮膚科でもらえる塗り薬「ニゾラール(成分名:ケトコナゾール)」を使えば、1~2か月ほどで完治してくるので、マラセチア毛包炎の可能性があるなら早めに受診しましょう。

なっちゃん
ニゾラールにはローションとクリームタイプの2種類があり、どちらかが処方されますよ!
 
治りが悪い場合はイトリゾール(成分名:イトラコナゾール)という内服薬が処方される場合もあります。

マラセリア毛包炎は、治療を始めたら完治するまで薬を続けないと再発する可能性があるので、医師の指示に従って治していきましょう。

早く治す!マラセチア菌を増やさない3つの方法

ここからはマラセチア毛包炎を早く治すために、原因であるマラセチア菌を増やさないために自宅でできるケア方法を3つ紹介していきます。

  • 肌が触れる場所を清潔にする
  • 汗がこもらないように対策する
  • 抗真菌(抗カビ)成分配合の石鹸を使う

マラセチア毛包炎を早く治すには、マラセチア菌を減らすことです。
増える原因を対策して治していきましょう。

1.肌が触れる場所を清潔にする

清潔な服装
マラセチア毛包炎を治すには、汚れや雑菌など肌に長時間汚れが残らないようにすること。
マラセチア菌が増える理由のところでも紹介しましたが、

  • シャンプーやボディーソープのすすぎ残し
  • パジャマを洗うのは数週間に1回だけ
  • 布団のシーツなどをほとんど洗わない
  • 同じTシャツや肌着を洗わないで何回も着る

など、不衛生な状態が続いてしまうと、マラセチア菌が繁殖しやすくなります。

寝る前にお風呂に入ってきれいだし、寝るだけだからと思って、パジャマや寝具を洗わない方もいますが、人は寝ている間にコップ1杯ほどの汗をかいています。

ニキビーノ
清潔な状態をキープするためにも、最低でも1週間に1回は洗濯しましょう。
 
汚れや雑菌が増えない環境、生活を目指してくださいね。

2.汗がこもらないように対策する

湿気対策
マラセチア菌は「マラセチア・ファーファー」というカビの一種で、室内や食べ物に生えるカビと同様、湿気が多い・汚れがあると繁殖してしまいます。

  • 汗をかいたらこまめに拭く
  • 運動後は放置せずに着替える
  • 通気性が良い、綿100%の服を着る
  • 髪が長い人は背中に髪が付かないようにする

このような対策をして、できるだけ汗による湿気を増やさないようにしてください。

なっちゃん
特に、梅雨から夏にかけてはジメジメとした日が続き、何もしなくても湿気が高くなるので要注意!
 
汗をこまめに拭いたり、替えの肌着を用意するなど対策しておきましょう。

3.抗真菌(抗カビ)成分配合の石鹸を使う

マラセチア毛包炎におすすめのボディーソープ
効果を早く実感しやすいのは、薬や石鹸のように外側からのケアになります。

皮膚科でもらえるニゾラールを使う以外に自宅でケアしたい・早く治したいなら抗真菌(抗カビ)成分配合の石鹸を利用してください。

PickUP!!抗真菌成分配合の「コラージュフルフル 液体石鹸」

評価4.9★★★★★☆☆
容量:250ml(約2~2.5ヶ月分)
価格:2,500円

皮膚科でも勧められることもあるのが「コラージュフルフル 液体石鹸」

マラセチア毛包炎の原因である、マラセチア菌を予防する抗真菌成分“ミコナゾール硝酸塩”が配合。

マラセチア毛包炎だけでなく、カビが原因で起きる脂漏性皮膚炎や水虫、デリケートゾーンのニオイなど、真菌(カビ)が原因の病気におすすめの石鹸。

赤ちゃんに使えるくらい低刺激なので、マラセチア毛包炎にもピッタリです。

こちらの石鹸以外で、マラセチア毛包炎を外側からケアする方法としては、水虫などに使えるイミダゾール系の市販薬を使うという方法もあります。

マラセチア毛包炎用の市販薬は販売されていないので、代用として水虫クリームを使うよりは、皮膚科でもらえる「ニゾラール+コラージュフルフル泡石鹸」で治していきましょう。

まとめ

画像を見て、あなたの身体にできたブツブツがマラセチア毛包炎か確認できましたか?
マラセチア毛包炎だと思ったら、すぐに皮膚科で診断して薬をもらうようにしてくださいね。

最後にマラセチア毛包炎の特徴と自宅でのケア方法をまとめておきます。

  • ブツブツに光沢があり、膿がでない
  • 急に10個近く密集してできた

こういった場合は、マラセチア毛包炎の可能性が高いですね。
マラセチア毛包炎の原因はカビなので、完治するまでしっかりケアしましょう。

  • 皮膚科でニゾラールなどの抗真菌薬をもらう
  • 肌を清潔な状態にすることを心がける
  • 汗で体をジメジメにさせない
  • 抗真菌成分配合の石鹸で体を洗う

不衛生・湿度の高い環境を改善し、抗真菌成分を使って治すのがポイントになります。

ニキビーノ
ニキビと同じ治療をすると逆に悪化することもあるので、判断が難しい場合は自己判断でケアしないように。
 
マラセチア毛包炎は正しくケアすれば約1~2ヶ月で治っていきます。
ニキビと間違ってしまうと長引くことになるので、きちんと見分けてケアしましょう。

こちらの記事もよく読まれています
背中ニキビにおすすめの石鹸6選&優しく洗えるケアグッズ!!

背中ニキビができる4つの原因と日常生活でできるケア方法

以上、マラセチア毛包炎の特徴と治し方になります。
最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-ニキビのできる場所別

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.