ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

思春期ニキビ

小学生ニキビを治す4つのルール!洗顔料と生活習慣の見直しを

更新日:

小学生ニキビ
「まだ小学生なのに、ブツブツニキビができてツライ…」
「学校で男子にニキビをバカにされて泣きたくなる…」

小学生でニキビができると「ブツブツできてるね…大丈夫?」なんて友達に言われるし、親には「すぐ治るから大丈夫、気にするな」って言われていませんか?

他の子よりニキビが早くできただけで学校では“汚いもの”扱いされることもあります。

なっちゃん
「不潔」「顔を洗わないで汚いからニキビができる」って思われることもあってツライですよね…。
 
小学生のときって見た目や他の子と違ったりするだけで、悪い方に判断されちゃいます。

早く治したくて、お母さんが買ってくれた洗顔料でゴシゴシ洗う…なんて自己流のケアをしてしまうと、ニキビが悪化したり、ニキビができやすい肌になってしまう可能性があります。

そうなる前に、こちらで紹介する小学生でニキビができてしまう原因の改善とニキビを悪化させずに治す方法を行っていきましょう。

小学生ニキビはまだ酷い状態になりにくいので、ちゃんとケアすることでニキビが治って恥ずかしい気持ちにならずに学校に行けるようになります。

小学校を悲しい思い出で終わらせないために、しっかりと読んでくださいね。

小学生ニキビの原因は?女子の方ができやすい!?

小学生は女子の方がニキビができやすい
小学生のニキビは“思春期ニキビ”と呼ばれてて、第二次性徴期が大きく関わっています。
ニキビができる原因は皮脂や汚れが毛穴に詰まる…というのは知っていますよね?

第二次性徴期が始まると、大人の体になるために成長ホルモンが活発に生成されるようになり、そのせいでホルモンバランスが乱れていきます。

ホルモンバランスが乱れると、自律神経に影響が出て皮脂が出やすくなるんです。

成長ホルモンは身長を伸ばしたり、骨を丈夫にする、男子なら筋肉やヒゲなど男らしさ、女子なら胸が大きくなるなど女性らしさのために欠かせないホルモン。

女子は男子よりも1年ほど早く8歳半〜10歳には第二次性徴期が始まります。

そのため、「小学生なのにニキビができるなんて早い…」と思うかもしれませんが、早い子だと女の子だと、小学3年生、4年生にはニキビができ始めてしまうのです。

成長ホルモンを止めることは不可能なので、洗顔で余分な皮脂を落とすことや、それ以外にニキビを増やす・悪化させる原因になっているものがあるので、そちらを改善していきましょう。

小学生ニキビを治すための4つのルール

1.食べ物の好き嫌いやダイエットをしないこと

食べ物の好き嫌い
トマトやピーマン、人参など野菜をほとんど食べないで、お肉ばかり食べていたり、お菓子やアイス、ジュースが大好き…ってことはありませんか?

小学生のときって特に食べ物の好き嫌いが激しくて、お肌のためになるビタミンが含まれる野菜などを食べずに、糖質と脂質など皮脂を増やしてしまう食べ物の方が好きだったりします。

ニキビーノ
脂っこいお肉料理やチョコレート、スナック菓子、ジュースは糖質や脂質が多くてニキビの原因に!

また、小学6年生くらいになるとダイエットをする子もいますが、成長期で栄養をしっかり摂りたい時期に無理なダイエットはいけません。

お米やたんぱく質(お肉、魚、卵)、野菜をバランスよく食べ、お菓子を減らしましょう。
栄養の偏りやダイエットで便秘ぎみなのもニキビに影響してきますよ。

2.夜更かししたり、スマホをずっと見ない

子供の夜更かし
お肌は起きている間ではなく、寝ているときに回復してくれます。

そのため、夜寝るのが遅いと肌の生まれ変わりの時間は短くなるし、夜更かししすぎると自律神経が乱れて皮脂が多くなってしまいます。

自律神経っていうのは体温の調節したり、食べ物の消化、心臓を動かすなど生きていくために重要な機能をコントロールする神経です。

お母さんやお父さんに合わせて寝る時間が遅くなっていませんか?
小学生のときは最低でも7時間半以上睡眠時間を確保できるようにしましょう。

また、スマホでYoutubeを見たり、ゲームをずっとやってしまうのもいけません。

スマホやPCから出るブルーライトは脳に刺激を与えて興奮状態にしてしまいます。
脳が興奮状態になると寝つきが悪くなったり、寝ても疲れが取れにくくなるんです。

脳が休めないからイライラしやすくなり、ニキビの原因でもあるストレスが溜まりやすいので、「1日に2時間まで、寝る前は見ない」などルールを決めてスマホを使いましょう。

3.ニキビを触ったり、潰したりするのもNG

小学生ニキビの治し方
ニキビが気になって触ってしまったり、潰したりするのはニキビが悪化するだけでなく、お肌がデコボコ・赤いシミが残る“ニキビ跡”になるので絶対してはいけません。

赤くて痛いニキビになるのも、ニキビ跡になって汚い肌と一緒に過ごすのは嫌ですよね?

大人になってからニキビ跡になって後悔している方の多くは、小学生の頃からニキビが酷く、ニキビをプチプチと潰していたり、間違った洗顔で肌をボロボロにしています。

いじるとニキビ跡になりやすい赤ニキビに悪化するので、無駄に刺激を与えないようにしましょう。

4.小学生のときは刺激の強い洗顔料を使わないこと!

小学生向け洗顔料を選ぶとき
あなたはニキビができたときにどんなケアをしていますか?

「おでこや鼻にできたニキビを治すために市販の洗顔料でゴシゴシ洗顔」
「薬局で販売されているニキビ薬やオロナインを塗っておく」
「お母さんの言っていた通り、治るまで放置する」

など、間違ったニキビケアをしていませんか?
特にやってはいけないのが市販で販売している“刺激の強い洗顔料を使う”ことです。

市販のニキビ用洗顔フォームは皮脂や汚れを落としすぎるので、小学生の肌には強すぎます!

そのため、小学生からそういった刺激の強い洗顔料を使い過ぎると皮脂は落ちるけど、肌のバリア機能まで落としてニキビができやすくなる場合も。

思春期ニキビを治すのに洗顔はとても重要ですが、ヘタに安い洗顔料を使ってはいけません。

「若い頃から化粧品を使うと将来肌荒れする」って言われることがありますが、あれはメイクなどのことで、化粧水などのスキンケアは小学生高学年~中学生のうちから始めたほうがいいです。

とはいえ、小学生の肌は大人や中学生・高校生と比べても、まだまだ弱い状態。

「メンソール(爽快感)」や「スクラブ」といった肌への負担がある洗顔料を使わず、「低刺激」や「保湿成分配合」といった負担の少ない洗顔料で優しく皮脂を取りましょう。

小学生ニキビにおすすめの洗顔料3選

小学生ニキビにおすすめの洗顔料を3つ紹介します。
それぞれ特徴が変わってくるので、自分の状態に合っていると思うものを選んでください。

1.ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュ評価:4.7★★★★★☆☆
容量:180g(約1~1.5ヶ月分)
価格:3,714円

ブツブツした大量の白ニキビができてるなら『ファーストクラッシュ』

ファーストクラッシュは1本で洗顔から保湿までしてくれるオールインワン洗顔料。

古い角質を溶かして落とすサリチル酸という有効成分が含まれていて、古い角質や皮脂といった汚れが毛穴に詰まって出られない“白ニキビ”という状態のニキビにおすすめ。

普通の洗顔料と違い、泡立たないので最初は戸惑いますが、使い心地に慣れると泡立てが必要ないのがラクで、手間なくケアすることができます。

おでこや鼻がザラザラ、ブツブツしてるニキビに悩んでいる子にピッタリです。

↑【初回限定】返金保証、お得なプレゼント付き
39歳主婦の口コミ
おでこにたくさんあったニキビがキレイになくなりました。他に何もつける必要がないので、面倒くさがりの息子には持ってこいです。

2.ノンエー石鹸

ノンエー石鹸評価:5.1★★★★★☆☆
容量:100g(約1.5~2ヶ月分)
価格:2,940円、3個セット7,980円

炎症ニキビやニキビができやすい肌質なら『ノンエー石鹸』

皮脂が多くてニキビができやすい肌や、炎症して赤いニキビの状態になっているなら、抗炎症成分であるグリチルリチン酸配合のノンエー石鹸がおすすめ。

肌に負担をかける添加物が入っていない薬用石鹸で、ヒアルロン酸やローヤルゼリー、リピジュアなど保湿成分も含まれているので、子供の肌にも使える優しい石鹸です。

フワッとした軽い泡をつくることができて、皮脂や毛穴汚れをしっかり落としてくれますよ。

↑【初回限定】全額保証、お得なプレゼント付き
42歳主婦の口コミ
中一の娘のために購入。泡立てれるか心配でしたら、上手にフワフワの泡を作ってました。肝心の効果も1~2週間と続けていくうちに赤いブツブツニキビが小さくなって、娘も喜んでました♪

3位.ノブA アクネソープ

ノブA アクネソープ評価:4.9★★★★★☆☆
容量:70g(約1ヶ月分)
価格:800円

ニキビケア洗顔料を一度も試したことがない子には『ノブA アクネソープ』

皮膚科でもおすすめされているノブAの洗顔石鹸はコスパが良く、高いものを買えない・今までスキンケアしたことがない初めての子にピッタリ。

市販の洗顔料の中では低刺激なので、小学生の肌にも負担を与えずに洗顔することができます。

ドラッグストアや薬局で販売されているニキビ用洗顔料は基本、刺激が強いのが多いのでおすすめできませんが、ノブAなら負担もかからずケアできるし、安いのでおすすめ。

↑ネットよりもドラッグストアの方が安く買えます

17歳高校生の口コミ
中学生のときに顔中ニキビだらけで酷かったのですが、これを使ってからニキビが引きました。新しいニキビはできるけど、すぐ小さくなります。
 
小学生ニキビにはファーストクラッシュノンエー石鹸のどちらかがいいのですが、高いものを買えないことも考え、安いけど低刺激でニキビに効果のある2つも紹介しました。

安くても肌に合えばそれに越したことはありません。
ただ、適当に選んで肌を傷つけることだけは注意しましょう。

ニキビを治すときは洗顔方法にも気をつけよう!

洗顔方法

最初にもお伝えしたように、“ニキビ=汚れ”だと思ってゴシゴシと自己流のケアをしていると肌がボロボロになって、せっかくの洗顔料もムダにしてしまいます。

簡単に洗顔するときの手順とポイントを抑えておきましょう。

  1. 顔をぬるま湯で濡らしてあげる
  2. 泡立てネットで洗顔料をしっかり泡立てる
  3. 顔全体を泡を使って優しく洗う
  4. 目の周りや鼻などは指で撫でるように
  5. 泡が残らないように、しっかりとすすぐ

ゴシゴシと洗顔したところで、こする摩擦のせいで肌の角質を必要以上に傷つけてしまって、肌荒れやニキビの原因になるので、できるだけ丁寧に泡の弾力で優しく洗顔するのがポイントです!

こちらに書いている正しい洗顔方法を覚えて、ニキビをキレイに治していきましょう。

ニキビ薬や化粧水は使う必要ある?

小学生向けの化粧水
「ニキビ薬を使った方が治りやすいのか?」
「小学生でも化粧水を使った方がいいのか?」

ここも迷いどころですが、ニキビ薬を使うのは基本的に“炎症している赤ニキビや膿が溜まっている”ときに限ります。

ザラザラしている程度のニキビは毛穴に皮脂が詰まっているだけなので、薬を塗っても毛穴を塞いでしまいニキビを大きくしてしまう可能性もあります。

なっちゃん
思春期ニキビは成長期が終わるまで続くので、ニキビ薬を使った一時的な治療をしても繰り返しできてしまいます。
 
炎症ニキビなどは放置するとニキビ跡になりやすいので、ニキビ薬を使って早めに治す必要がありますが、食事に気を遣うのと洗顔でニキビを予防することが大切。

洗顔後は一時的に皮脂が減って、肌の水分が蒸発しやすいので化粧水をつけましょう。
小学生は肌に潤いが十分あるので、どんな化粧水でも構いません。

安くておすすめなのは「ハトムギ化粧水」「オルビスクリア」ですね。

ナチュリエ ハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水評価:4.7★★★★★☆☆
容量:500ml(約4ヶ月分)
価格:600円

肌への負担が少ないシンプルな使い心地の『ナチュリエ ハトムギ化粧水』

ニキビに有効なグリチルリチン酸2Kと、肌の調子を整えてくれるハトムギエキスが配合。

500mlも入っているのに600円という超コスパのいいプチプラ化粧水で、バシャバシャと贅沢に重ねづけ使ってもいいし、コットンやティッシュでパックするのも◎。

ニキビを治すためというよりは、肌に潤いを与え、ニキビ予防向けの化粧水になります。

15歳中学生の口コミ
極潤を使ってたけど、ニキビが治らず、こちらに変えてみたところ小さくなってきました。500mlも入っているので、全身につかえるのも嬉しいです。

オルビス 薬用クリアローション

評価:4.7★★★★★☆☆
容量:180ml(約1.5ヶ月分)
価格:1,500円

小学生で、すでにオイリー肌になっている子には『オルビス 薬用クリアローション』

ハトムギ化粧水と違い、肌への水分補給だけでなく積極的にニキビを治していきたいときに使いたい、オイルフリーでサッパリとした使い心地が特徴の化粧水。

さっぱりさせるだけでなく、浸透型コラーゲン配合なので、肌に潤いも与えてくれます。

大人ニキビ用の化粧水ですが、皮脂を抑えてくれるし、コスパもいいので中学生や高校生にも愛用されるブランド。

小学生には少し早いかもしれませんが、もうすぐ中学生になる6年生の子や、顏がアブラでテカテカになっている子にはピッタリの化粧水になります。

16歳高校生の口コミ
思春期ニキビ向けの市販品が全部ダメで、試しに使ってみたところ、顔中に合ったニキビが2本目を使い切るころには9割なくなりました。
 
洗顔後に化粧水などでお肌の水分が逃げないようにしないと、乾燥から肌を守るために前よりも多く皮脂を出してしまい、ニキビが増えることもあります。

思春期ニキビを治すメインは洗顔だし、皮脂が原因ですが、保湿しないのは良くありません。

洗顔したあとは、安くてもいいので化粧水で保湿してあげましょう。

先ほど「小学生ニキビにおすすめの洗顔料3選」で紹介したファーストクラッシュは洗顔と保湿の両方を一度にしてくれるので、手間がかからず、小学生にも人気の洗顔ですよ。

まとめ

小学生の頃からニキビができている場合は、ニキビができやすい体質or食生活が乱れている、間違ったニキビケアをしている可能性が高いです。

「早く治したい」と言いつつ、お菓子を我慢できなかったり、ただ一生懸命洗顔したり薬を塗って頑張っていませんか?

  • 栄養の偏った食生活(お肉中心の食事やお菓子)を改善する
  • 夜更かしやスマホの見過ぎに注意する
  • ニキビを触ったり、潰したりしない
  • 市販の刺激の強い洗顔料を使わない
  • 肌に優しい洗顔料+化粧水でちゃんと保湿する

ニキビを治すため、できにくくするにはこういったことに気をつけなくてはいけません。

小学生のニキビは、思春期ニキビの始まりなので間違ったケア方法や刺激の強い洗顔料を使っていると中学生・高校生になったときに後悔することになります。

ニキビーノ
そうならないためにニキビを増やす習慣を改善し、洗顔料で過剰な皮脂を落としていきましょう。
 
ニキビで恥ずかしい、ツライ思いをしないで学校に行けるようになったり、好きな子と楽しく話せるようになるために、ぜひ実践してくださいね。

こちらの記事もよく読まれています
思春期ニキビに効く洗顔料ランキングTOP8!中高生のテカリ肌に◎

以上、小学生ニキビの原因と治し方になります。
最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-思春期ニキビ

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.