ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

ニキビの原因・治し方

乾燥肌のためのニキビケア講座!生活習慣からスキンケアまで

投稿日:

乾燥肌ニキビの治し方
「乾燥肌でニキビが治らない…」
「乾燥肌の場合、ニキビをどうやって治したらいいの?」

ニキビの原因と言えば「皮脂量」が大きく関係してくるのに、乾燥肌の私がなぜニキビができてしまうんだろう。どんなスキンケアをすればいいんだろうと迷っていませんか?

ニキビーノ
乾燥肌だと思っている方の中にも、Tゾーンは皮脂量が多い方や隠れ乾燥肌(インナードライ)肌の方もいらっしゃいます。

肌が乾燥していると、ニキビができやすいだけでなく、毛穴トラブルや肌の老化などの肌トラブルの原因になってくるので、乾燥肌対策はしっかりとしておきたいところです。

こちらでは、乾燥肌を改善させる生活習慣や、スキンケアをステップごとに詳しく紹介していきます。

乾燥肌という自覚があり、なかなかニキビが治らなくて悩んでいる方はご覧ください。

Step1.乾燥肌とニキビの原因を知る

乾燥肌ニキビの原因を知る
乾燥肌を改善させるためには、まずは乾燥肌とニキビの原因を知ることが大切です。
乾燥肌には、実は3つのタイプがあります。

  1. 皮脂分泌も水分量も少ないタイプ
  2. 肌の表面はテカテカで内側の水分量が少ないタイプ
  3. 乾燥肌と勘違いしている混合肌タイプ

どのタイプの乾燥肌も、生活習慣や間違ったスキンケア、紫外線による悪影響が原因になってきます。

それぞれのタイプの特徴を解説していくので、あなたに当てはまるのがどれかチェックしてください。

1.皮脂分泌も水分量も少ないタイプ

皮脂分泌も水分量も少ないのが純粋な乾燥肌の方。

このタイプの乾燥肌は、肌の表面だけでなく角質もゴワゴワして厚くなっていくため、角質の水分が不足すると、毛穴が細くなり、皮脂がつまりやすい状態になります。

洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使っていたり、熱いお湯で顔をすすぐことでなりやすいです。

2.皮脂分泌過剰で肌の内側の水分量が少ないタイプ

隠れ乾燥肌・インナードライ肌と呼ばれている肌質のこと。

お風呂あがりに肌の乾燥を感じるのに、数十分もすれば皮脂が分泌してくるのがこのタイプ。表面上は皮脂膜があるので乾燥肌だと気付きにくいため、間違ったスキンケアをしやすいです。

肌の内側の水分が逃げないように皮脂を過剰部分泌してしまうのでニキビができやすくなります。

例えば、皮脂量が多く見えるからという理由で、脂性肌と同じようにさっぱりとしたスキンケアをする方がいますが、それが逆効果になるわけです。

3.乾燥肌と勘違いしている混合肌タイプ

一番多いのが、Tゾーン(おでこ・鼻)の皮脂量が多くて、Uゾーン(顎・口周り・フェイスライン)の皮脂量が少ない混合肌タイプ。

顔の場所によって皮脂量が違うので、スキンケアをそれに合わせて変える必要が出てくるため、知らずに普通の乾燥肌のスキンケアをすると、おでこや鼻にニキビができやすいです。

Step2.乾燥肌の原因になってる習慣を改善

生活習慣の改善
乾燥肌はニキビをおこす原因になるので、改善させる必要があります。乾燥肌になってしまう原因となる習慣を改善することで、乾燥肌対策をしていきましょう。

間違ったスキンケア

肌のためにと思っていても、実際は刺激や負担を与えてしまっていることが多々あります。
肌質に合っていなかったり、成分が強すぎたりすると、肌はすぐにダメージを受けてしまうのです。

また、間違ったスキンケアを続けているうちに、肌本来の保湿能力が弱くなってしまい、それが原因で乾燥肌になることは少なくないので、肌質に合わせたスキンケアを行うのが大事になってきます。

紫外線

紫外線は肌に思った以上のダメージを与えます。

紫外線を浴びることで、肌を守るために角質を厚くしたり、肌の老化を早める活性酵素が増える、肌のバリア機能が低下するなど、ターンオーバを乱す原因になるんです。

紫外線対策をしっかりとすることも、乾燥肌の予防と改善につながります。

しっかりと日焼け止めクリームを使用するだけでなく、紫外線を浴びた後は、お肌の保湿をしっかり行うようにしましょう。

紫外線はニキビの敵!ニキビを悪化させない日焼け止めの選び方

食生活の乱れや睡眠不足

食生活の乱れや睡眠不足などの生活習慣は、乾燥肌の原因になります。

十分に保湿されている健康なお肌でいるためには、バランスの良い食事と、十分な睡眠が必要なので、乾燥肌改善・予防になる食べ物を覚えて、積極的に摂取するようにしましょう。

乾燥肌に良い食べ物

乾燥肌のために良い栄養素と、食べ物を紹介します。

【たんぱく質】
たんぱく質は、角質細胞の生まれ変わりに役立ちます。
ターンオーバーのために必要不可欠な栄養素です。

たまごや大豆食品、肉類や魚類を毎食しっかり摂取するようにしましょう。

【ビタミン類】
ビタミンはお肌にとって必要不可欠なもの。乾燥肌対策にももちろん大事な栄養素です。

  • ビタミンA(レバー・うなぎ・卵黄・バター・緑黄色野菜など)
  • ビタミンB群(動物性・植物性の食品)
  • ビタミンE(アーモンドなどのナッツ類・うなぎなどの魚介類・アボカドなど)
  • ビタミンC(いちごやレモンなどの果物・ブロッコリーやパプリカなどの緑黄色野菜)

など、バランスよくビタミン類を摂取しましょう。

【必須脂肪酸】
必須脂肪酸は細胞の生まれ変わりを助け、ターンオーバーを促進させる栄養素です。

サーモン・いわし・さばなど魚介類に多く含まれているオメガ3脂肪酸、コーン油・大豆油・ゴマ油・ベニバナ油などに多く含まれているオメガ6脂肪酸をしっかり摂取しましょう。

ダイエットのために油分を抜いている人は多いかもしれませんが、摂取すべき脂肪酸もあるということを忘れないでくださいね。

【亜鉛】
お肌の健康を維持すしてくれる亜鉛は、不足すると、乾燥肌になりやすくなります
亜鉛は意識的に摂取しないと、不足しがちです。

牡蠣やレバー、たまご、チーズ等、亜鉛を多く含まれる食品を積極的に食べましょう。

ニキビを治すときによく見る“バランスの良い食事”って?

季節による気温の変化

季節によって気温は大きく変化しますよね。
この変化も乾燥肌の原因となってしまうのです。

気温の変化によってお肌は、新陳代謝が強まったり弱まったり、急な気温の変化についていけず、肌の負担となることは多くあります。

これらの負担がターンオーバーの乱れや乾燥肌を引き起こすこともあるんです。

特に、空気が乾燥している冬や、春先や秋先の気温の変化には油断してはいけません。

また、湿った空気の夏も気温が高くなる分、お肌には負担になりますし、エアコンの室内にいることが増えるので、お肌の乾燥対策はしっかりしましょう。

Step3.スキンケアを見直す

乾燥肌のスキンケア
ここからは、乾燥肌ニキビのためのスキンケア方法を紹介していきますね。

クレンジング

強い洗浄成分の洗顔料やクレンジングは、乾燥肌の原因になります。
洗浄効果の強いクレンジングは、皮脂や汚れと一緒にお肌の保湿成分も洗い流してしまうのです。

濃いメイクが簡単に落とせるオイルタイプのクレンジング剤や、ふき取るだけでメイクが落とせる拭き取りクレンジングは乾燥を引き起こすので、避けた方がいいですね。

また、クレンジングの負担を減らすために、濃いメイクをしないようにすることも大切です。

何度も同じ箇所をこすると、肌に負担を与えて乾燥肌を引き起こすので気を付けてください。

洗顔

乾燥肌を引き起こす大きな原因となるのが、肌のこすりすぎによって、角質層が傷ついて肌本来の保水力が弱まってしまうことです。

洗顔もクレンジングと同じでゴシゴシ洗いをすることは絶対にやめましょう。
洗顔後、ふき取る時の摩擦にも要注意。ゴシゴシ拭き取るのではなく押し拭きしてください。

洗顔を過剰にしてしまうと、お肌にとって必要な水分や皮脂も洗い流してしまいます。

夜しっかり洗顔をしておけば、翌朝は水洗いでも問題ありません。朝夜しっかり洗顔をすると、乾燥肌を引き起こしやすいので気を付けましょう。

洗い流すときのお湯の温度にも要注意。
高すぎると、お肌が乾燥しやすくなるので、適温を心がけてください。

また、ピーリング効果のある洗顔料も、お肌に大きな負担を与えるので使用は控えましょう。

おすすめの洗顔料を知りたい場合はこちら
大人ニキビにおすすめの洗顔料8選!!正しい洗顔料の選び方

化粧水

洗顔後のスキンケアをしっかりしようと思ってこすりすぎてしまったり、力が無理に入ったりしていませんか?スキンケアの際には、優しい力で、指が肌に触れるか触れないか程度を心がけましょう。

また、乾燥肌の場合は、肌の保水機能が低下しているので、ヒアルロン酸やセラミドなど、保湿成分が含まれている物を選ぶようにしてください。

おすすめの化粧水を知りたい方はこちら
大人ニキビにはコレ!!おすすめの化粧水ランキングTOP10!

クリーム

クリームも化粧水と同じです。クリームを塗りこむときに力を入れてしまうと、乾燥肌の原因になるので気を付けましょう。また、日焼け止めクリームやファンデーションを使用するときは、塗り込むのではなく優しくたたいて乗せるようにしたほうがいいですね。

まとめ

乾燥肌は、生活習慣やスキンケアが原因でなります。
様々な要因でターンオーバーが乱れると、お肌の保水力が低下してしまうからです。

水分量の足りないお肌は、毛穴が詰まりやすくなったり、肘の過剰分泌を起こしやすくなります。

乾燥肌がニキビの原因になるのはこのためです。

つまり、乾燥肌対策を行う事は、ニキビ対策を行う事と同じだということです。

今、乾燥肌で悩んでいる人や、乾燥によるニキビに悩んでいる人は、日々の生活習慣や、スキンケア方法を見直して、乾燥肌対策をしっかりしていきましょう。それが、ニキビ予防にもつながりますよ。

-ニキビの原因・治し方

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.