ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

毛穴の黒ずみ

コメドと角栓を勘違いしてない?正しい毛穴の詰まり対策!

更新日:

コメドと角栓の違い
ニキビの原因であるコメドと角栓の違いを知っていますか?

両方とも毛穴の詰まりが関係してくるので、勘違いしている方がよくいらっしゃいます。

なっちゃん
治し方に多少違いがあるので、あなたはコメドと角栓のどちらなのか確認しましょう!

こちらではコメドと角栓の違いや治し方など、毛穴詰まりの対策を紹介していきます。

毛穴が詰まって黒ずんでいるのが、気になるという方は、こちらで紹介する方法を実践して、毛穴汚れの目立たない肌を手に入れましょう。

コメドと角栓の違いは?

まずは、あなたが気になっているのがコメドなのか、角栓なのか確認してください。

コメド


コメドとは、日本語では面皰(めんぽう)白ニキビとも呼ばれています。

毛穴から分泌されるはずの皮脂が、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が遅くなったせいで毛穴の入り口が塞がれ、外に出れなくなっている状態。

ニキビーノ
皮膚がチョコンと盛り上がってて、炎症が起きてないから白いポツポツが何個もあるような感じです。

この状態のまま放置しておくと炎症したニキビになったり、膿が溜まった黄ニキビと呼ばれる状態になるので、そうなる前に治していく必要があります。

コメド(白ニキビ)を治すポイントは

  1. 刺激を与えて炎症したニキビにさせない
  2. 洗顔方法の見直しをする
  3. ノンコメドジェニック化粧水を活用する
  4. 食生活や睡眠時間、ストレスに気を付ける

の4つになります。

こちらでは角栓を除去する方法が中心なので、コメドの治し方はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事白ニキビの治し方!!ブツブツ肌をキレイにする4つのポイント

ノンコメドジェニック化粧水が気になる方はこちら
関連記事ニキビにはノンコメドジェニック??おすすめ化粧水&ファンデ8選

角栓

角栓
角栓もコメドと同じように皮脂が毛穴に詰まっているように見えますが、それは大きな勘違いで、角栓は古い角質(タンパク質)が詰まっている状態。

なっちゃん
ニキビとは別物だから、角栓が大きく目立ってても、悪化して炎症を起こしたりはしませんよ。

角栓が目立ってしまうのには3つ原因があります。

  • コメド同様、肌の生まれ変わりが遅れている
  • 肌が衰えてきたせいで、毛穴が広がっている
  • 男性ホルモンが多く、もともと毛穴が大きい

角栓を目立たなくするには、コメドの治し方と同じで洗顔が大切になってきますが、それ以外に化粧水で肌や毛穴を引き締めることも重要になってきます。

コメド(白ニキビ)の治し方は先ほど紹介した記事を見てください。

ここからは角栓を除去して、毛穴の詰まりを目立たなくするための対策を紹介していきます。

角栓を除去!!正しい毛穴の詰まり対策!

毛穴の詰まり対策
「角栓を除去!」といっても、角栓が完全になくなるわけではありません。

「毛穴を小さくする…」みたいな話もありますが、毛穴の大きさ自体は男女の差はあるとしても、ほとんどみんな一緒です。

だから、角栓をいかに目立たなくするのかがポイントになってきます。

一番最初に考えるべきなのは洗顔方法と洗顔料

毛穴詰まりを目立たなくするために一番最初に考えるべきなのが洗顔料。
角栓というのは結局、肌の生まれ変わりが遅くなって古い角質が詰まっている状態です。

  • 白い角栓なら“余分な皮脂と古い角質”
  • 黒い角栓なら“汚れと古い角質”

そのため、古い角質を除去することを最優先で対策してください。
それができたら、不要な角質が残ってしまう原因をなくしていきましょう。

まずは洗顔方法の見直しから始めてください。

よくある間違った洗顔
・1日に何回も洗顔をする
・洗顔料や石鹸をよく泡立てず、手でゴシゴシ洗う
・1回の洗顔に2分以上時間をかけて行う
・スクラブ入りの洗顔料や洗顔ブラシを使っている
・熱いお湯で洗顔している

 
このような洗顔を避け、“32度前後のぬるま湯で洗顔料をしっかりと泡立てて、泡を転がすように優しく洗顔”しましょう。

そして、毛穴汚れにおすすめの洗顔料は“泥洗顔”“ピーリング石鹸”です。

普段使っている洗顔料では取りにくい毛穴汚れも、泥洗顔のようなもっちりとした泡ならしっかりと落としてくれますよ。

ピーリングの場合は毎日すると刺激になってしまいます。

なっちゃん
週1回か2週に1回のスペシャルケアでピーリングをすれば、ゴワゴワだった肌がツルツルに!

常に毛穴汚れがない状態になれば、角栓ができる心配もありません。
すぐにでも角栓をどうにかしたいなら洗顔料を変えてみてください。

※ただし、炎症した赤ニキビがあるときのピーリングには注意しましょう。

皮脂を抑え、毛穴を引き締めるビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体化粧水
「一度開いた毛穴はなかなか小さくならない…」とはいっても、どうしても毛穴を引き締めて目立たないようにしたいなら“ビタミンC誘導体”がおすすめ。

ビタミンCには皮脂を抑える効果とコラーゲンを増やす働きがあります。

ビタミン誘導体の化粧水や美容液は高価ですが、毛穴だけでなく、ニキビの炎症やシミ、シワ、肌のたるみなど、万能に使える成分なので余裕があるなら使ってみてください。

ビタミンC誘導体の入った化粧水や美容液を使うと肌が一時的に乾燥しやすくなるので、最後に保湿液やクリームでフタをすることを忘れないでください。

ビタミンC誘導体化粧水おすすめ8選!!炎症ニキビ・ニキビ跡に◎

毛穴パックで角栓をゴッソリ取るのはいけないの?

毛穴パック
角栓を除去する方法の一つとして、毛穴パックがありますよね。
毛穴パックは刺激が強いので基本的にはおすすめできません。

しかも、毛穴パックは一気に取れるのが快感になって、何度も使ってしまって毛穴をより広げてしまう残念な結果になる場合もあります。

ニキビーノ
オロナインパックや綿棒とかは角栓の頭をただ撫でているだけで大した効果はありません!

どうしても毛穴のザラザラが気になるなら、月1程度で行いましょう。

角栓を取ったあとは毛穴に穴が開いた状態になるので、ビタミンC誘導体かセラミド配合の化粧水などで毛穴を引き締めることで目立ちにくくなります。

直径2mm以上ならコメドプッシャーで取ろう!

コメドプッシャーも毛穴パックと同様、刺激が強いうえに毛穴以外の肌にも悪影響。

あまりおすすめできる方法ではありませんが、角栓が大きくなっていて、上記で紹介した洗顔やピーリングをしても効果を感じない場合はコメドプッシャーで取ってしまいましょう。

大きさ的には直径2mm以上になっていたら取った方が早く治ります。

ちなみに、角栓が黒ずんで大きくなった状態を“黒ニキビ”という場合もあります。

取り方の手順としては

  1. 洗顔や蒸しタオルで肌をやわらかくする
  2. コメドプッシャーを水平に当てて押し出す
  3. 化粧水(できればビタミンC誘導体かセラミド配合)で保湿

コメドプッシャーはAmazonなどで簡単に購入することができます。

間違っても、手で無理やり取ろうとしたり、コメドプッシャーを強く押しすぎて赤みが残るような使い方をしないように注意しましょう。

まとめ

コメド(面皰)と角栓を間違う方がいますが、あなたは勘違いしていませんでしたか?

コメドと角栓の違いを簡単にまとめると

  • コメド…毛穴の奥に皮脂が詰まって、皮膚が盛り上がっている状態。
  • 角栓…毛穴に古い角質(タンパク質)と皮脂が詰まって、皮膚からはみ出てる状態。

ニキビーノ
皮脂を抑えて治すコメドと毛穴の詰まりを取り除く角栓では治し方が若干違います。
 
角栓を目立たなくするためには、まずは洗顔方法の見直しと泥洗顔など毛穴汚れをスッキリ落としてくれる洗顔料を試してみてください。

コメドは炎症したニキビまで成長させないことが大事。
詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事白ニキビの治し方!!ブツブツ肌をキレイにする4つのポイント

-毛穴の黒ずみ

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.