ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

ニキビのできる場所別

背中ニキビにおすすめの石鹸6選&優しく洗えるケアグッズ!!

投稿日:

背中ニキビにおすすめの石鹸
「背中にできたニキビを治したいから石鹸から変えてみよう…」
「背中ニキビにおすすめの石鹸ってどんなものがあるんだろう?」

背中にできたブツブツニキビを治すために、薬を使ったりすると同時に、石鹸の見直しもしたいんだけど、どんな石鹸やボディーソープがいいのか迷ってしまう・・・。

なっちゃん
背中にできるニキビって、顔にできるニキビと違って、一度できると治りにくいから嫌になりますよね!

海やプールにいって水着を着るのも恥ずかしいし、背中の開いた服も着れない、結婚式にはキレイな背中でウェディングドレスを着たい・・・。

あなたもそんな背中ニキビに悩める女子なら、背中ニキビを悪化させないために、石鹸やボディーソープの選び方、優しく洗うための方法を知っておきましょう!

背中ニキビを治すために石鹸を選ぶときのポイント

背中ニキビ向けの石鹸を選ぶポイント
背中ニキビを治すために石鹸を選ぶときに一番大事なのは、洗浄力が強すぎたり、肌への負担が大きいものを使わないことが肝心です。

ハッキリ言うと、ボディーソープを使うのは止めた方がいいです。

ボディーソープよりも『石鹸』を選ぶ

もしかしたら、これまでボディーソープを愛用してきたかもしれませんが、ボディーソープには石油系合成界面活性剤が含まれているものが多く、実は肌への負担が大きい。

女性ならメイクを落とすためにクレンジングや洗顔料を使いますよね?

石油系合成界面活性剤は、汚れをや余分な皮脂を落とすために“洗浄力”を上げる成分なんですが、汚れを落とすと同時に、肌のバリア機能の役割をしている角質や必要な皮脂までゴッソリ落とすせいで、肌の乾燥や刺激に弱い肌にしてしまうのです。

肌が弱ってないならいいけど、ニキビができているということは肌が弱っている証拠。

そこで使ってもらいたいのが『石鹸』なわけです。

石鹸
石鹸はボディーソープのような石油などで作られた合成の界面活性剤が入っておらず、天然成分である石鹸素地と呼ばれる、天然の界面活性剤で作られています。

そのため、洗浄力はありませんが、背中は顔のようにメイクとかをするわけじゃないので、ニキビがある肌には石鹸の洗浄力がちょうどいいんです。

もし、どうしてもボディーソープを使いたいというのであれば、アミノ酸系の弱酸性成分の洗浄成分が含まれているものなら、肌への負担も少なくて済みますよ。

ニキビに有効な成分が入っていること

ニキビを治すために選ぶので、当然ニキビに有効な成分は入っててほしいところ。

抗炎症作用のある「グリチルリチン酸」、殺菌作用のある「サリチル酸」「イソプロピルメチルフェノール」などの、ニキビに有効な成分が含まれていることをチェックしましょう。

ただ、サリチル酸やソプロピルメチルフェノールなどの殺菌成分は肌に刺激になりやすいので、グリチルリチン酸が配合されているのが一般的です。

無添加など、肌に優しいこと

石鹸には香料や着色料、鉱物油、アルコールといった添加物は必要ありません。

これらの添加物は、使い心地といいと思わせたり、洗い上がりをスッキリとさせて“しっかりと汚れや皮脂が落ちている”と思わせるためのものなのです。

よっぽど臭くない限り、石鹸に香料は必要ないですよね?

添加物によって肌に刺激が蓄積されてしまうので、無添加のものを選ぶようにしましょう。

保湿成分が入っているともっと嬉しい

上記の3つの条件が揃っていれば十分ですが、もう少し早く効果を実感したいならヒアルロン酸やセミラド、コラーゲンなどの保湿成分が含まれているものがおすすめ。

「どうせ洗い流すのに保湿成分??」

って思うかもしれませんが、保湿成分が含まれている石鹸は、肌を整えて肌荒れを防いでくれるので、背中ニキビを悪化しにくくしてくれます。

絶対入っていた方がいいわけじゃありませんが、入っていると嬉しいですね。

背中ニキビにおすすめの石鹸・ボディーソープ6選!!

背中ニキビにおすすめの石鹸
背中ニキビを治すために石鹸を選ぶときのポイントは以下の4つ。

  • ボディーソープではなく、石鹸を選ぶ
  • 抗炎症作用のある「グリチルリチン酸」が配合
  • 添加物を使用していない
  • 保湿成分が含まれている

これらのポイントを満たした石鹸を選んでもらいたいのですが、すべての条件を満たした理想の石鹸は意外と少ないので、保湿成分は入っていたら嬉しいと思ってください。

では、背中ニキビにおすすめの石鹸を紹介していきます。

1.ノンエー 薬用ニキビ専用石鹸

ノンエーの画像
顔だけでなく、全身のニキビに使うことができる人気の石鹸である「ノンエー石鹸」

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸だけでなく、ローヤルゼリー・ヒアルロン酸・リピジュアといった高い保湿効果のある成分の入った弾力のある泡が特徴の石鹸です。

しかも、無着色料・無香料・無エタノール・無鉱物油と肌に優しいのもポイント!

他の石鹸に比べると少し高いと感じるかもしれませんが、7万件以上の悩みから作られたという実績もあり、上記の4つのポイントを抑えた石鹸はこちらだけになります。

容量:100g(約1~1.5ヶ月分)
価格:2,940円(税込)

ノンエー薬用石鹸について詳しく見る

2.ノブAアクネソープ

ノブAの石鹸画像
敏感肌の思春期ニキビ向けに作られたノブAシリーズの「ノブAアクネソープ」

抗炎症成分であるグリチルリチン酸2kと抗菌・消炎作用のあるオウバクエキスが配合された、肌の潤いを守りながら余分な皮脂や汚れを落としてくれるさっぱりした石鹸。

背中に皮脂が多く、ベタベタするような方にピッタリです。
無香料・無着色・オイルフリーで肌への負担も少なく、皮膚科でも紹介されることも。

容量:70g(約1ヶ月分)
価格:864円(税込)

ノブAアクネソープについて詳しく見る

3.シャボン玉せっけん 浴用

シャボン玉せっけん 浴用
石けん素地100%で作られた無添加石鹸である「シャボン玉せっけん 浴用」

牛脂とパーム核油の天然油脂だけで作られているので、刺激性の強い着色料や香料、防腐剤や界面活性剤といった添加物が一切入っていないので、肌への負担が最も軽い石鹸になります。

もちろんニキビへの有効成分も入っていませんが、肌への負担が軽い分、背中ニキビが悪化することも少ないので、肌が弱い方にピッタリな石鹸になります。

容量:100g(約1~1.5ヶ月分)
価格:140円(税込)

シャボン玉せっけん 浴用について詳しく見る

4.ミノン 薬用スキンソープ

ミノン 薬用スキンソープ
赤ちゃんにも使えるほど優しい敏感肌・乾燥肌向けに作られた「ミノン 薬用スキンソープ」

ミノンは植物性アミノ酸洗浄成分が配合されているので、弱酸性の固形石けんなので、皮脂を取り過ぎることなく、優しく肌を洗い上げることができます。

ただし、ちょっと注意したいのは“弱酸性の石鹸=合成成分でできている”ということ。

弱酸性の石鹸は肌に優しいというメリットもありますが、合成界面活性剤などの合成成分でできているので、肌に残るとニキビができやすくなってしまいます。

背中ニキビだけの方には向いていませんが、乾燥して肌がカサついたり、ゴワゴワしているような方におすすめ。

容量:80g(約1ヶ月分)
価格:678円(税込)

ミノン 薬用スキンソープについて詳しく見る

5.ペリカン石鹸 薬用石鹸ForBack

ペリカン石鹸 薬用せっけんForBack
背中ニキビ向けに作られた炭泥配合の「薬用石鹸ForBack」

毛穴詰まりを落としてくれる薬用炭であるベントナイトと抗炎症成分であるグリチルリチン酸、殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールも配合されている優れもの。

残念なのが、刺激物である“香料”が配合されている点・・・。

これさえなければ1~2を争うおすすめの石鹸になっていました。
肌が弱い方にはおすすめできませんが、肌が丈夫、肌が厚い方には向いています。

容量:135g(約1.5~2ヶ月分)
価格:555円(税込)

ペリカン石鹸 薬用石鹸ForBackについて詳しく見る

6.カウブランド 牛乳石鹸 赤箱

カウブランド 牛乳石鹸 赤箱
90年以上、愛され続けてきた定番商品である「カウブランド 牛乳石鹸 赤箱」

ニキビに有効な成分は入っていませんが、うるおいを守るミルク成分とスクワランによってできる、クリーミィな泡によってしっとりとした肌にしてくれます。

ローズの香りがする香料が入っているのは残念ですが、コスパも良く、純粋に汚れを落とすためだけに使うにはピッタリです。

容量:100g(約1~1.5ヶ月分)
価格:100円(税抜)

カウブランド 牛乳石鹸 赤箱について詳しく見る

石鹸と一緒に使いたい!肌に優しいボディータオル3選

ボディータオル
せっかく石鹸を見直すなら、背中を洗うときに使うボディータオルも一緒に見直しましょう。

もし、今使っているボディータオルが、ポリエステルなど合成繊維でできた泡立ちの良いシャカシャカしたものなら、すぐにそのタオルは捨ててください。

そんなものを使うよりも素手で洗った方がよっぽどマシです。

ボディータオルを選ぶときのポイントは“素材”!!

他にも、ブラシタイプやスポンジタイプなど、種類による選び方もありますが、好みが分かれるので、こちらでは素材に着目しておすすめの商品を紹介していきます。

1.京都しるく 絹ボディタオル

京都しるく 絹ボディタオル
絹素材がメインで作られているのが「京都シルクの絹ボディタオル」

絹は繊維が細かく、強度のある素材なので、普通に洗うだけで肌に表面の古い角質や皮脂を落とし、肌のざらつきやブツブツのない『たまご肌』に近づけてくれます。

絹は泡立ちの悪い素材ですが、たて糸に綿を使うことで泡立ちの悪さもカバーされている優れものです。

サイズ:27×90cm
材質:ウェーブ部分:絹100%
   グランド部分:横糸 絹100%・縦糸 綿100%
価格:1,900円(税抜)

京都しるく 絹ボディタオルについて詳しく見る

2.まかないこすめ 和紙タオル

まかないこすめ 和紙タオル
和紙を手編み風に編み込んだ「まかないむすめの和紙タオル」

テレビ番組「ヒルナンデス」でも紹介されたことのある、表が和紙、裏が綿になっているタオルで、ソフトに洗える面とゴシゴシ洗える面で使い分けることができます。

使い始めは和紙の部分が固くなっているので、お湯などに浸しておくことで、柔らかくなって使いやすくなりますよ。

サイズ:25×100cm
材質:ループ/指定外繊維(和紙)、グランド/綿100%
価格:1,296円(税込)

まかないこすめ 和紙タオルについて詳しく見る

3.ブレス オーガニックコットン


綿と合成繊維のいいとこどりをしている「ブレスのオーガニックコットン」

ブレスのオーガニックコットンは、肌を傷つけにくい綿と泡立ちが良く、肌と同じ弱酸性でできたポリ乳酸の2つを素材のいいとこどりをしたボディータオル。

ポリ乳酸はトウモロコシなどを原料としたエコ素材なので、ポリエルテルやナイロンのような化学繊維と比べると肌の負担も少ないですよ。

サイズ:23×100cm
材質:ポリ乳酸50%/綿50%
価格:810円(税込)

ブレス オーガニックコットンについて詳しく見る

背中を石鹸で洗った後は保湿することも忘れずに

保湿クリーム
背中や体を洗った後にクリームやジェルで保湿する習慣はありますか?

今までボディーソープや合成繊維でできたボディータオルでゴシゴシと背中を洗っていた場合、肌の角質が傷ついていたり、乾燥によってニキビが増えてた可能性があります。

もし、保湿する習慣がなかったなら、保湿して背中を守っていきましょう。

オススメの背中ニキビ専用保湿クリーム

ルフィーナ

8つの保湿成分と抗炎症成分配合!背中ニキビ専用の「ルフィーナ」

内容量:60g(約1ヶ月分)
価格:9,720円初回限定2,689円(税込)
乾燥による背中ニキビを治すために作られた背中ニキビ専用保湿クリーム。

ヒアルロン酸より保湿力の高いシロキクラゲや肌に浸透しやすい低分子コラーゲンなど8つの保湿成分とニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸が配合されています。

ルフィーナについてもっと詳しく見る

まとめ

背中ニキビを治すための石鹸・ボディーソープの見直しの参考になりましたか?

最後に、背中ニキビに使う石鹸の選び方とケア方法をまとめておきます。

  • ボディーソープではなく、石鹸を使うこと
  • ニキビに有効な成分が含まれている
  • 無添加で肌に優しい石鹸を選ぶ
  • できれば保湿成分が含まれている
  • 合成繊維のボディータオルを使わない
  • お風呂上りはクリームで背中を保湿する

背中ニキビのために石鹸を選ぶときは、悪化させないように肌に優しいものを選ぶこと!

ニキビーノ
肌に優しい石鹸を使うことで、ニキビができにくい・悪化しにくい背中を手に入れることができます。
 
背中ニキビに有効な石鹸を使うだけじゃなく、肌への負担が少ないボディータオルや、肌に潤いを与えて肌の再生を正常にするクリームなどを一緒に使うのもおすすめ。

背中を見られても恐くない、キレイな肌を取り戻しましょう。

背中ニキビに悩んでいる方はこちらの記事もよく読んでいます↓
マラセチア毛包炎とは?胸や背中のブツブツはニキビじゃないかも…

以上、背中ニキビにおすすめの石鹸とケアグッズになります。
最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

-ニキビのできる場所別

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.