ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

ニキビ跡

ニキビ跡を消すには?ニキビ跡の種類別で分かる治す方法と原因

更新日:

ニキビ跡を消すには
ニキビ跡ができた顏を見るたびに悲しい気持ちになってませんか?

ニキビができるだけでも最悪な気持ちになるのに、赤みや茶色いシミのような色素沈着、クレータのように凸凹したニキビ跡が残っていると泣きたくなりますよね。

なっちゃん
ニキビ跡は治りにくいし、クレータータイプのニキビ跡だと「一生治らない」なんて言われて不安だと思います。
 
こちらでは、そんなニキビ跡の治し方を種類別に紹介していきます。

ニキビ跡にも段階があり、早くケアすることでクレータータイプのデコボコ肌になる前に消すこともできるので、しっかり対策していきましょう。

あなたはどれ?ニキビ跡の3つの種類

ニキビ跡の種類
ニキビ跡は大きく分けると3つのタイプがあります。

ニキビ跡の種類
赤みが残ってるニキビ跡
茶色い色素沈着(シミ)のようなニキビ跡
凸凹したクレータータイプのニキビ跡
※クリックすると、それぞれの原因と治す方法をすぐ読めます。

 
“赤み→色素沈着→クレーター”の順番に症状が深刻になっていき、ニキビ跡を放置して、時間が経つほど治るまでに時間がかかるし、お金もかかってしまいます。

ニキビーノ
炎症を起こした赤みのあるニキビ跡の状態なら、早めに炎症を抑えて悪化させないことが大切。
 
ニキビ跡は時間が経つほど症状が悪化して、消えにくくなってしまうので、あなたのニキビ跡に合ったケアを知ったら早めにケアしていきましょう。

それでは、ニキビの種類別に治す方法と原因を説明していきますね。

赤みのあるニキビ跡の原因と治す方法

ニキビ跡の赤み
ニキビ跡の中でも初期症状なのが、赤みのあるニキビ跡
赤ニキビや黄ニキビなど、炎症を起こしたニキビがあった場所に赤みが残ってる状態です。

この赤みのあるニキビ跡ができる原因は

  • 肌を再生させるために毛細血管が集まってる
  • 炎症が酷く、肌の内部に炎症が残っている
  • 炎症した赤ニキビや黄ニキビを潰してしまった

といったことが原因で肌に赤みが残ってしまっているわけです。
ニキビ跡の中では比較的治りやすい方ですが、早めに炎症を抑えることが大事。

なっちゃん
炎症が長引くと、肌の角質層に血がにじんだり、内出血のように紫色になることも!
 
赤みが残ってるだけでなく、炎症したニキビも一緒にある状態や肌にクレーターもでき始めているなら、すぐにでもケアしていきましょう。

赤みのあるニキビ跡を消すためのスキンケア

赤みのあるニキビ跡の治し方
赤みのあるニキビ跡を治していくには

  • 炎症を抑えて、ニキビ跡の悪化を防ぐ
  • 肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を正常にする
  • 炎症ニキビもあるなら同時に治していく

この3つが大切になってきます。

中でも、早めに対処したいのが赤みの原因となっている炎症。

赤みはそもそも、炎症して赤くなっていたり、炎症して傷ついた部分を治すために毛細血管が集まったものなので、炎症を抑えたり、今ある炎症ニキビをなくすことが最優先。

ニキビーノ
炎症を抑えるで、それ以上ニキビ跡の範囲が広がったり、悪化することを防ぐことができます。
 
炎症を抑えるには、「グリチルリチン酸」「ビタミンC誘導体」といった抗炎症作用のある成分を含む化粧品を利用して外部からケアするのが効果的。

「抗炎症成分+ターンオーバーを助ける高保湿成分」のスキンケアで治していきましょう。

赤みニキビ跡の治し方をもっと詳しく↓
ニキビ跡の赤みを消す!!知らないと損する自宅でできるケア方法

ビタミンC誘導体は炎症を抑えるだけでなく、肌の再生を促進させたり、美白効果も期待できるので、赤みのあるニキビ跡治療と相性抜群。

クレーター型のニキビ跡になるのが嫌な方はビタミンC誘導体を利用してください。

茶色く色素沈着したニキビ跡の原因と治す方法

ニキビ跡の色素沈着
茶色の色素沈着を起こしたニキビ跡の原因はメラニンの発生によるものです。
メラニンとは紫外線や肌への摩擦で増える色素のことで、シミや黒ずみの原因でもあります。

なっちゃん
赤みのあるニキビ跡に紫外線が当たってしまい、メラニンが滞留したことで茶色く見えている状態です!
 
ニキビ跡というよりも、シミに近いものだと思ってください。

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が正常なら数か月で消えていきますが、放置したり、年齢によっては何年もシミが残ってしまうので早めにケアをしていきましょう。

茶色く色素沈着したニキビ跡を消すためのスキンケア

茶色の色素沈着ニキビ跡の消し方
茶色の色素沈着型のニキビ跡の場合は、肌に残ったシミを消すために“美白ケア”をします。
そのためにできることとして、

  • 紫外線対策でメラニンを増やさない
  • 美白成分でシミを薄くする
  • 睡眠や食事、保湿で肌の生まれ変わりを正常にする

といったケアをして、肌に蓄積されたシミを消していくことが大切。

茶色いニキビ跡は肌の生まれ変わりが正常なら徐々に薄くなっていくので、治すためにはメラニンを増やさないように注意しつつ、ターンオーバーを正常にすることです。

ニキビーノ
まずは、これ以上メラニンを増やさないために、日焼け止めを利用して紫外線対策を必ず行ってください。
 
食生活や睡眠をしっかり取る…といった内側からのケアはとても時間がかかるので、保湿でターンオーバーを正常にしつつ、美白成分でシミを薄くしていきましょう。

  • 今ある茶色いニキビ跡を薄くする美白成分
    …ハイドロキノン、ビタミンC誘導体
  • メラニンの生成を抑える成分
    …ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、プラセンタ、アルブチン

今ある茶色いニキビ跡を消すならハイドロキノン配合の化粧品がおすすめ。
ハイドロキノンは医療機関で使われる美白成分で、肌を白くする効果としては抜群です。

赤みもある場合は、両方に効果のあるビタミンC誘導体を利用してください。

色素沈着したニキビ跡の治し方をもっと詳しく↓
ニキビ跡の色素沈着をキレイに!赤紫・茶色いシミの原因と治し方

茶色いニキビ跡をすぐにでも消したいならハイドロキノンを試してください。

クレータータイプのニキビ跡の原因と治す方法

ニキビ跡のクレーター
ニキビ跡と聞いて、思い浮かぶのは肌が凸凹したクレータータイプではないでしょうか?

このクレータータイプのニキビ跡は、強い炎症を起こしたニキビを放置したり、いじって皮膚組織が傷つけたこと原因でできてしまいます。

なっちゃん
皮膚の“真皮層”という部分まで傷ついてしまってる場合は、スキンケアで治すことはできません。。。
 
せいぜい薄くする程度なので、治したいならクリニックで治療を行うのが確実です。

ただ、今すぐにクリニックに通って何十万円もお金をかけるのが難しい方は、ビタミンC誘導体などで肌の生まれ変わりを促進させるスキンケアで薄くしていきましょう。

クレータータイプのニキビ跡は病院やクリニックへ!

ニキビ跡のクリニック治療
凸凹したクレータータイプのニキビ跡を治すにはセルフケアでは限界があるので、お金に余裕があって、確実に薄くしたいなら最初からクリニックで治療を行うことを検討してください。

ニキビーノ
自分でケアするのに比べると治療費がかかりますが、治らないと言われてるクレーターも目立たなくしてくれます。
 
どうしてもキレイに治したいなら、一度相談してみる価値はありますよ。

クリニックで行われるニキビ跡の治療方法と金額を紹介しておきます。

  • ケミカルピーリング(1回:約7,000~15,000円)
    …古い角質を取り除いて、ターンオーバーを促進させる治療法。
  • フラクセルレーザー(1回:約40,000~200,000円)
    …専用の光で細胞を刺激し、コラーゲンを増やして陥没を目立たなくする治療法。
  • ダーマローラー(1回:約40,000~60,000円)
    …髪の毛より細い針で肌を刺激してコラーゲンを増やす治療法。
  • FGF治療(1回:約60,000~150,000円)
    …陥没部分にFGF(線維芽細胞増殖因子)を注射して、細胞を増殖させる治療法。
  • ※治療法やニキビ跡の範囲によって金額が異なります。

他にも、治療法はいくつかあるので医師と相談して治療法を決めていきましょう。

軽度のクレーターニキビ跡ならケミカルピーリングを8~10回ほど行えば薄くなっていきますが、重度の陥没ができている場合はレーザーや光治療を行う必要がありますね。

1か月に1回ペースで1~2年近く治療していくので、大体50~100万円以上。

クリニックの治療はクレーターニキビ跡を治す1番効果的な治療法ですが、「こんな高い治療費払えない…」という方は、スキンケアで目立たなくすることを考えましょう。

クリニックに通えない方はスキンケアで薄くしよう

クレーターニキビ跡の治し方
クレーターのニキビ跡をスキンケアで治すには、コラーゲンを増やす成分が配合されている化粧品を使うことがポイントになります。

なっちゃん
肌の土台となる“真皮”の約70%はコラーゲンでできているため、ニキビ跡を薄くするために欠かせない成分!
 
コラーゲンって食べて増やすイメージがありますが、体に吸収されるとアミノ酸として、筋肉や他のタンパク質にも使われるので、直接コラーゲンにはならないんです。

だから、コラーゲンを増やす成分で肌に直接働きかけましょう。

  • レチノール(ビタミンA)…肌のターンオーバーを高める。
  • ナイアシン(ビタミンB3)…コラーゲンの生成、抗酸化。
  • ビタミンC誘導体…コラーゲンの生成、抗酸化。
  • FGF(線維芽細胞増殖因子)…コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を増やす。

といった成分配合のスキンケアを行うことでコラーゲンを増やすことができます。

ニキビーノ
コラーゲン配合の化粧品は超低分子のものじゃない限り、保湿はしますがコラーゲンを増やすことはありません。
 
クリニックの治療でも出てきたFGF(線維芽細胞増殖因子)が増えると、真皮を構成するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が生成されて肌のハリと弾力が出てくるんです。

その線維芽細胞に働きかける、上記のような成分配合の化粧品を使うようにしましょう。

クレーター型のニキビ跡の治し方をもっと詳しく知る↓
ニキビ跡のクレーターの治し方!自宅で治療するのは無理?

内側からもケア!ニキビ跡を改善するための生活習慣

生活習慣
ここまで、ニキビ跡を治すには「外側からのケアが重要」だと伝えてきました。

外側からケアすることで、早く炎症が落ち着いて悪化を防いだり、シミや凸凹が薄くなりますが、ニキビ跡は長期間続く場合もありますよね。

なっちゃん
内側からのケアは時間がかりますが、長期化しやすいニキビ跡を早く治すために生活習慣も見直しておきましょう!
 
スキンケアで赤みや茶シミ、クレーターなどの症状を抑えつつ、生活習慣の見直しをしてターンオーバーを正常にして、ニキビ跡を早く治してください。

ニキビ跡を早く治すために見直したい5つの生活習慣

ニキビ跡を何年も長引かせないために見直したいのが

  1. 睡眠時間をしっかりとる
  2. バランスのとれた食事を摂る
  3. 適度に運動する
  4. タバコを吸わないこと
  5. 紫外線対策をする

この5つの生活習慣になります。

これらのことを見直すことで、ターンオーバーが遅くなったりせずに正常に機能します。
それぞれの生活習慣をどう見直せばいいか、簡単に説明しておきますね。

1.最低6時間以上の睡眠時間の確保

睡眠
肌や内臓などが回復するのは寝ている間に行われます。

寝ている間に成長ホルモンが分泌され、内臓など体の内側を修復・回復し、その次に肌などの外側を再生させるため、睡眠時間は最低でも6時間は必要。

ニキビーノ
それ以上、睡眠時間が短いと外側を回復する時間が短くて、肌の再生がしっかりできません。
 
最低6時間、決まった時間に寝て起きるようにして生活リズムを整えてください。

2.バランスのとれた食事を摂ろう

食事
ニキビやニキビ跡のない美肌を作るには、5大栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル)をバランスよく摂取した食生活を送るのが理想。

なっちゃん
自分の好きなものばかり食べたり、外食やお弁当、インスタント食品の多い食生活はダメですよ!
 
ニキビ跡を改善するために摂りたいのが「たんぱく質」「ビタミン群」

  • たんぱく質…肌や筋肉、髪の毛などを構成する栄養素。
  • ビタミン群…ターンオーバーを整えるたり、抗酸化作用がある。

これらの栄養素が不足すると、肌の再生が上手くできなくて肌は汚いまま。
ニキビ跡のない美肌を作るためにもしっかり摂取してくださいね。

3.運動で血液の流れを良くする

運動
運動をして筋肉を動かすことで血液の流れが良くなります。

栄養は血液によって運ばれるので、血流が良くなることで代謝が上がって、ターンオーバーも正常になるので、古い角質や老廃物・メラニンをスムーズに排出してくれるんです。

ニキビーノ
また、適度に運動することでストレス発散にもなるので、体の中に活性酸素を溜めにくくなりますよ。
 
活性酸素とは簡単に言うと、私たちの身体を老化させるもの。
イメージしてもらいたいのは、釘が酸化してさびた状態ですね。

運動不足・ストレスを抱えているなら、ウォーキングなどの有酸素運動をしましょう。

4.タバコで吸うのを止める

禁煙
あなたがもしタバコを吸っているなら、禁煙することを強く勧めます。
タバコはニキビ跡はもちろん、あなたにとって良いことは一つもありません。

タバコによる美容への悪影響

  • ニコチンによって血管が細くなってしまう。
  • 活性酸素が増えて老化を早める。
  • 1本吸うだけでビタミンCを100㎎も破壊する。
  • シワや白髪、肌のたるみや目のクマ。
  • 唇の乾燥。口臭。歯の黄ばみ。

タバコを吸っているというだけで、ニキビ跡の治りが遅くなるだけでなく、肌や美容への悪影響がものすごくあります…。

なっちゃん
あなたが「ニキビ跡を消したい」と本気で思っているなら禁煙してください!
 
今すぐ止めるというのはツライかもしれませんが、5年後、10年後に自分の肌を見て後悔しないためにも、タバコを止める努力をしましょう。

5.紫外線から肌を守れ!

紫外線
ニキビ跡の原因でも簡単に紹介しましたが、ニキビやニキビ跡があるときに紫外線を長時間浴びるとメラニンが発生して、茶色いニキビ跡として残りやすくなります。

だから、紫外線対策として日焼け止めを塗ることを忘れないようにしてください。

ニキビーノ
ニキビがある場合、悪化することを心配する方がいますが、ニキビがあっても日焼け止めは必須です。
 
日焼け止めを選ぶときはSPFとPAの表示に注目。

  • SPF…UV-Bを防ぐ効果を示す数値。
    UV-Bとは肌の表面に活性酸素を作り、メラニン色素を発生させる紫外線。
  • PA…UV-Aを防ぐ効果を示す数値。
    UV-Aとは肌の内部に活性酵素を作り、コラーゲンなどを破壊し、老化させる紫外線

数値が高いほど紫外線に対する効果が高くなります。

効果が高い日焼け止めだと、ニキビのある肌には負担が大きくなってしまうので、外に長時間いる仕事じゃない限り、“SPF20〜30、PA++”くらいの日焼け止めで十分です。

まとめ

ニキビ跡は放置してしまうほど、炎症が酷くなって肌の細胞を傷つけてしまいます。
だから、ニキビ跡を残したくないなら早めにケアしてください。

では、最後にニキビ跡の治し方をまとめておきますね。

  • 赤みの残ったニキビ跡は炎症を抑えて悪化させない
  • 茶色の色素沈着ニキビ跡は美白ケアでシミを消していく
  • クレーターニキビ跡はクリニックorコラーゲンを増やす
  • 生活習慣を改善して、ターンオーバーを正常にする

あなたのニキビ跡の状態に合ったケアをすることが大事!

ニキビーノ
赤みやシミ、陥没など、どれも症状が違うのでケア方法もそれに合わせて変える必要があります。
 
ニキビ跡の残った顔を見るたびに「あのときしっかりケアしておけばよかった…」と後悔しないために、あなたに合ったニキビ跡のケアをしていきましょう。

こちらの記事もよく読まれています
【症状別】ニキビ跡におすすめの化粧水ランキング!あなたはどのタイプ?

以上、種類別ニキビ跡の治し方と原因になります。
最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-ニキビ跡

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.