ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

ニキビ跡

ニキビ跡のクレーターの治し方!自宅で治療するのは無理?

投稿日:

ニキビ跡のクレーターの治し方
「ニキビ跡の酷いクレーターを見られたくない…」
「ニキビ跡を治すにはレーザー治療しかないの?」

ニキビ・ニキビ跡の炎症が治まってきたと思ったら、肌が穴が空いたような凸凹した肌に。

なっちゃん
色々な薬や化粧水を使ったけど、治りそうにない…。そんな経験はありませんか?
 
ニキビ跡のクレーターが深いと、自宅でのセルフケアで治すことはできず、完治させるためにはクリニックでレーザー治療などをする必要があります。

確実に薄くする、治していきたいならクリニックにまずは相談してみましょう。

とはいえ、レーザー治療をすると、安くても50~100万円以上のお金がかかります。

「そんなお金出せない!」

という方は、こちらで紹介するスキンケアを試してください。

完治させることはできませんが、肌の凸凹が目立たなくなって、今よりも人に見られるのが気にならなくなりますよ。

ニキビ跡のクレーターを目立たなくするには?

ニキビ跡のクレーター
ニキビ跡のクレーターを薄く、目立たなくするには、真皮層の約70%を構成している“コラーゲン”を増やすケアを外側からすること。

クリニックでも、フラクセルレーザーやダーマローラーなどの医療機器を使って、コラーゲンを増やして陥没部分を目立たなくさせる治療法を行っています。

なっちゃん
コラーゲンが増えると、肌のハリや弾力がアップするので、ニキビ跡も薄く見えるんです!
 
フラクセルレーザーなどは、範囲が小さくても1回約40,000円ほど。

範囲が広くなると1回200,000円もするので、利用するのは少し抵抗がありますよね。
だから、最初は自宅でコラーゲンを増やすケアを試してみてください。

コラーゲンを内側と外側から増やしていく

クレーターの治し方
「コラーゲンを増やす」と聞くと、プルプルとしたコラーゲンたっぷりの食材を食べるイメージがあると思いますが、実はコラーゲンを食べても意味がありません。

ニキビーノ
コラーゲンはたんぱく質の一種なので、そのままコラーゲンとして吸収されるわけじゃないんです。
 
これは化粧品に配合されているコラーゲンも同じことが言えます。

化粧品の中には「コラーゲン配合」と書かれているものもありますが、コラーゲンは分子が大きいので、表面が潤うだけで、肌の奥には届きません。

じゃあ、どうすればいいのかというと、

  • コラーゲンを生成するアミノ酸を摂取
  • コラーゲンを増やす成分でスキンケア

この内側と外側からのケアをすることでコラーゲンを増やすことができます。
では、詳しく声明していきますね。

コラーゲンを生成するアミノ酸

アミノ酸
先ほどもお伝えしたように、コラーゲンというのはたんぱく質の一種。

そのまま摂取しても直接コラーゲンになるわけではなく、胃腸で消化・分解されてアミノ酸に変換されたあとに、肌や髪など体全体の再生に利用されます。

なっちゃん
つまり、コラーゲンをいっぱい食べても、髪の毛や皮膚、筋肉、内臓などにも分配されるってことです!
 
コラーゲンを多く含む、鶏の手羽先や牛すじ、フカヒレ、ゼラチンなどを食べ続ければ多少の効果は期待できますが、さすがに毎日食べるのは難しそうですよね。

だから、コラーゲンを生成する「プロリン」と「リジン」というアミノ酸をサプリメントを利用して、ダイレクトに摂取するのがおすすめ。

これらのアミノ酸にプラスして、コラーゲンの生成をサポートするビタミンCも摂取することで、よりたくさんのコラーゲンを作ることができます。

もう一つの方法としておすすめなのが、プラセンタサプリ。

プラセンタにはコラーゲンを生成する線維芽細胞を活性化させる“FGF(線維芽細胞増殖因子)”が含まれており、一緒に摂取することで2.5倍以上もコラーゲンが増えるという研究結果もあるくらいです。

コラーゲンを増やす成分でスキンケア

ニキビ跡のクレーターに効く成分
真皮にあるコラーゲンを増やすためには、コラーゲンを直接塗るのではなく、

  • レチノール(ビタミンA)
  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • ビタミンC誘導体
  • FGF(線維芽細胞増殖因子)

といった、コラーゲンを増やす成分を含んだ化粧品を使うのがおすすめ。

食事では肌以外にも栄養素が使われますが、上記の成分は肌に直接働きかけるので、肌にハリが出るなどの効果を実感しやすいですね。

特に、ビタミンC誘導体はコラーゲンを生成するだけでなく、美白・抗酸化・抗炎症作用・メラニンの促成など、ニキビ跡を治す・薄くするのにピッタリな成分です。

凸凹したニキビ跡におすすめの化粧水

ニキビ跡におすすめのビタミンC誘導体化粧水
凸凹したクレータータイプのニキビ跡におすすめの化粧水は先ほど紹介したビタミンC誘導体の中でも、浸透力が高い“APPS”と呼ばれるビタミンC誘導体が入っているものです。

ニキビーノ
APPSは普通のビタミンC誘導体の100倍浸透力が高いので、肌の奥まで成分を運んでくれます。
 
そんなAPPS配合なのが、サイクルプラスのエンリッチローション。

APPS+FGF配合の「サイクルプラス エンリッチローション」

サイクルプラス
高浸透ビタミンC誘導体APPSと真皮を構成しているコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸を増やしてくれるFGF(線維芽細胞増殖因子)配合の化粧水。

自分で配合する2剤式の化粧水なので、一番新鮮で効果のある状態のビタミンC誘導体を浸透させることができ、肌にハリを与えてくれます。

サイクルプラス公式サイト

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸はすべて、線維芽細胞によって作られます。

そのため、クリニックでもニキビ跡のクレーターにFGFを注射して線維芽細胞を増やし、陥没部分の肌を再生させるFGF治療を行うところも増えていますね。

他のビタミンC誘導体化粧水を見たい方はこちら↓
ビタミンC誘導体化粧水おすすめ6選!!炎症ニキビ・ニキビ跡に◎

キレイに治したいならクリニックの治療を検討しよう

ここまで、自宅でできるニキビ跡のクレーターを薄く・目立たなくする方法を紹介してきましたが、早くキレイに治したいなら皮膚科やクリニックで治療することも検討しましょう。

ニキビ跡のクレーターにも種類があるって知っていましたか?

アイスピック型
アイスピック型クレーター直径2mmほどの、アイスピックで刺したような小さな穴が開いたクレーター。

ローリング型
ローリング型クレーター直径4mm以上の、丸くへこんでいるように見えるクレーター。

ボックスカー型
ボックスカー型クレーター一番多くみられるニキビ跡のクレーターで、肌が四角く凸凹とへこんでいるのが特徴。
大きさにも決まりがなく、深くても浅くても目立ってしまいます。

ニキビ跡のクレーターにも、このように種類や深さがあるんです。

ニキビに特化したクリニックでは、ニキビ跡の症状(赤み・色素沈着・クレーター)やクレーターの深さ、種類に合わせた治療法を行ってくれますよ。

なっちゃん
レーザーなどの機器を置いてない皮膚科やクリニックでは、症状に合わない治療法が行われる場合も!
 
クリニックを選ぶときは近所の皮膚科とかに通うのではなく、ニキビ跡治療の実績やどんな治療を行ってくれるのか、ホームページなどをチェックしておきましょう。

クリニックで行われるクレーター型ニキビ跡の治療法

皮膚科やクリニックで行われるニキビ跡の治療法

  • レーザー治療(1回:約40,000~200,000円)
    …レーザーで繊維芽細胞を刺激し、コラーゲンの生成を促す治療法。
  • ハリ治療(1回:約40,000~60,000円)
    …意図的に肌を傷つけて、体の治癒力でコラーゲンを作り出す治療法。
  • FGF治療(1回:約60,000~150,000円)
    …FGF(線維芽細胞増殖因子)を注射して、陥没部分の細胞を増やす治療法。
  • ピーリング(1回:約7,000~15,000円)
    …薬品を使い、溜まっている古い角質を落とす治療法。
    クレーターを薄くするわけではなく、他の治療法の効果を上げるために行われます。

これ以外にも、肌の表面を削って凸凹を薄くする炭酸ガス(Co2)レーザーや、ビタミンC誘導体やプラセンタを浸透させるイオン導入などの治療法などもあります。

ニキビ跡に詳しい皮膚科、クリニックに相談して、あなたに合う治療法を選びましょう。

ニキビ跡のクレーターを治すために重要な考え方

ニキビ跡が治って喜ぶ女性
ニキビ跡のクレーターを治していく上で、忘れないでほしいのが、「ニキビ跡のクレーターを完治できるのは皮膚科やクリニックだけ。治るまでに数年かかる。」ということです。

ニキビーノ
これを覚えておかないと、治らなくて悲しい思いをしたり、色々な化粧品を何個も買ってしまうことになります。
 
ニキビ跡のクレーターは、炎症や繰り返しできるニキビで皮膚組織が破壊された状態。

破壊された部分が浅ければ肌の生まれ変わり(ターンオーバー)によって薄くなっていきますが、肌の奥にある“真皮層”まで傷ついてる場合は、再生するまで3~6年かかります。

といっても、その間に加齢や紫外線、肌の乾燥などで、肌が衰えてしまうので、クレータータイプのニキビ跡は「一生治らない」なんて言われているんです。

だから、クレーターを薄く・目立たなくさせる方法を1か月とか短い期間で判断せず、最低でも3~6ヶ月は継続して、ニキビ跡の状態を確かめてください。

まとめ

ニキビ跡のクレーターを治すにはクリニックで治療した方が、あなたの症状に合わせた治療法を行えますが、ニキビ跡の範囲が広いと1回のレーザー治療に何十万もかかります。

だから、まずは自宅でできるケア方法で薄く・目立たなくしていきましょう。

  • クレーターのケアは、真皮にあるコラーゲンを増やす必要がある
  • コラーゲンの元となるアミノ酸(プロリン・リジン)の摂取
  • コラーゲンを増やす、ビタミンC誘導体でスキンケア
  • お金に余裕があるならクリニックでの治療を検討する
  • 最低でも3~6ヶ月は継続して、ニキビ跡の状態をチェック

ニキビ跡のクレーターを治すには、真皮の約70%を構成するコラーゲンを増やすこと!

ニキビーノ
クレーターは肌の奥にある真皮が傷ついているのが原因。コラーゲンが増えることで、凸凹が目立たなくなります。
 
あなたは、ニキビ跡のクレーターを治すために色々な化粧品を使ってきたと思いますが、その中にコラーゲンを増やすケアをしていましたか?

もし、やっていなかったのなら、ぜひ試してみてください。

完治させることはできませんが、今よりもクレーターの凸凹が目立たなくなり、鏡を見てもニキビ跡があったことを忘れる日が多くなるはずですよ。

以上、ニキビ跡のクレーターを目立たなくする方法になります。
最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-ニキビ跡

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.