ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

ニキビの原因・治し方

ニキビができる場所別で教える原因と対策!体の不調も分かる!

更新日:

ニキビができる場所別の原因
なぜか、いつも同じ場所にだけニキビができたり、他の場所にはできないのに「ここにだけニキビができる…」なんてことありませんか?

なっちゃん
ニキビの原因は皮脂や汚れ、食事、睡眠時間、ストレスだけでなく、場所によって違いが出る場合もあります!
 
原因に違いがあれば気を付けることも変わってくるし、ニキビができる場所によっては体の不調が分かる場合もあるんです。

こちらでは、ニキビができる場所別に原因と対策を紹介していきます。
ニキビが同じ場所・位置にできる原因をつきとめて治していきましょう!

【場所別】顔にできるニキビの原因と対策

顔にできるニキビの原因ニキビができる原因は場所によって若干異なりますが、根本的な原因になるものは同じ。

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレスによるホルモンバランスの乱れ
  • 体の不調や疲れ

こういった不規則な生活習慣は、ニキビができる根本的な原因になってしまいます。

ニキビーノ
これらの生活習慣によって、皮脂や汚れが毛穴に詰まって、アクネ菌が繁殖してニキビが発生するんです。
 
でも、特定の場所にだけニキビができる場合は、上記以外にも外的な原因や体の不調などがあるかもしれないので、場所別の原因と対策も見ていきましょう。

生え際・おでこのニキビ

おでこニキビの原因と対策

【原因】
・皮脂線が多く、皮脂分泌が過剰
・ストレスによる男性ホルモンの増加
・シャンプーやトリートメントのすすぎ残し
・前髪や整髪料の刺激
・おでこ…腸などの消化器官に負担がかかっている
・生え際…肝機能の低下

髪の生え際やおでこは皮脂量が多いので、ニキビができやすい場所の一つ。
特に思春期のときにできることが多いですね。

大人になってからも、おでこにニキビができることが多い場合は、シャンプーのすすぎ残しや腸に負担をかけるような暴飲暴食、便秘などが原因になっている場合もあります。

【対策】
生え際やおでこニキビをできにくくするには、生え際にシャンプーが残らないようにしっかりすすぎ、前髪がおでこに当たらないような髪型をするようにしましょう。

また、胃腸や肝機能に不調がある可能性もあるので、

  • おでこ…便秘の解消、脂っぽいものやジャンクフードを避ける。
  • 生え際…食べ過ぎ、アルコールの大量摂取に気をつける。

といったこと意識して生活してください。

鼻ニキビ

鼻ニキビの原因と対策

【原因】
・毛穴が大きく、深い
・皮脂腺が大きいので、皮脂の分泌も多い
・紫外線やファンデーションなどの刺激
・胃や肝臓、腎臓の不調

鼻は毛穴が大きいうえに、深いので皮脂や汚れが詰まりやすい場所。

おでこと鼻を含めたTゾーンは思春期ニキビができやすい場所ですが、大人になってからもファンデーションに詰まりや、紫外線・触ったりすることによる刺激でニキビができます。

また、鼻の先端や小鼻にニキビができやすい場合は、塩分やたんぱく質の取り過ぎによって胃や腎臓に負担がかかって血流が悪くなっている可能性もありますね。

【対策】
鼻ニキビを治すのには洗顔をキチンと行うことが大切。

毛穴に皮脂や汚れが残らないように、化粧を落としたあとにモチモチの泡を作って毛穴の奥の汚れもしっかりと取るようにしましょう。

鼻を触らないようにしたり、刺激の少ないファンデーションに変えるとさらにいいですね。

あと、塩分やたんぱく質の摂取が多い、食事量が多いと感じるなら、それらを制限することも意識してみてください。

頬ニキビ

頬ニキビの原因と対策

【原因】
・バリア機能の低下、乾燥
・胃腸の荒れや便秘
・糖分や脂質の摂り過ぎ
・枕や布団の汚れ

頬は顔の中でも面積が広いため、刺激を受けやすいし、乾燥しやすい部分。
また、両頬にニキビができてるのか、片方の頬にできているのかでも違いがあります。

両頬の場合は、肌の乾燥や便秘、糖分・脂質による肝機能の低下が原因になってきますが、右頬か左頬のどちらか一方にできる場合は、

  • 右頬…鼻炎、気管支炎
  • 左頬…ストレス、寝不足、生理不順

などの体の不調、もしくは寝具の汚れが考えられます。

【対策】
頬ニキビを治す一番の対策は“保湿”して乾燥を防ぐことです。
保湿成分とニキビに有効な成分が含まれている化粧水でしっかり保湿してあげましょう。

また、ゴシゴシと洗顔すると肌のバリア機能が低下して乾燥の原因になるので注意。

他には、脂っこいものやお菓子、アルコールの摂取が多いと肝機能が低下して、老廃物を蓄積しやすくなるので控えたり、枕や布団は定期的に洗うようにしてくださいね。

フェイスライン・顎(あご)のニキビ

フェイスライン・顎ニキビの原因と対策

【原因】
・生理によるホルモンバランスの乱れ
・男性ホルモンの増加
・肌の乾燥や体の疲れ
・虫歯や便秘など

もみあげから顎までのフェイスラインは、20代後半からできる大人ニキビができやすい場所で、ホルモンバランスの乱れによる“男性ホルモンの増加”が強く影響しています。

ホルモンバランスが乱れる原因は

  • 食生活の乱れ…外食やコンビニ食、偏った食事など
  • 睡眠不足…寝る時間が短い、寝る時間が不規則、質が悪い
  • ストレス…仕事・人間関係、環境の変化
  • 生理前~生理中…黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加

といったものが関係してきます。

これらのことによって、男性ホルモンが増加して、男性の髭が生えるフェイスライン・顎にニキビが発生しやすくなるわけです。

奥歯のあたりにニキビができやすいなら虫歯の可能性も考えられますね。

【対策】
フェイスラインのニキビはホルモンバランスを調節することが大切。
ホルモンバランスを整えるには、原因になっていることの逆をやりましょう。

バランスの取れた食事や睡眠時間の確保、ストレスを溜めないようにすることですね。

規則正しい生活を送ることで、生理前~生理中に増える黄体ホルモン(プロゲステロン)にも良い影響を与えてくれますよ。

口周りのニキビ

口周りニキビの原因と対策

【原因】
・生理によるホルモンバランスの乱れ
・男性ホルモンの増加
・口角の上…暴飲暴食やお酒によって胃腸が弱ってる
・口角の下…虫歯によるもの

口周りのニキビはフェイスライン同様、男性ホルモンの影響を受けやすい場所。
基本的な原因はフェイスラインと一緒ですが、口周りは食生活の影響を強く受けます。

例えば、以下のような食生活が続いていませんか?

  • 飲み会が続いて、お酒を飲んだり、脂っぽいものをよく食べる
  • 辛い物or甘いものをよく食べる
  • 間食が多くて、空腹状態になることがない

このような食生活が続くと、胃が疲れてしまうせいで消化機能が低下してしまいます。
また、飲み会の疲れが溜まったり、風邪による体力低下によってできることもありますね。

【対策】
口周りニキビの対策も基本はフェイスラインと同じで、ホルモンバランスを整えることです。
それ以外にやってもらいたいことが、胃を休ませることとビタミンB群の摂取。

消化が良いお粥ややわらかいうどんを食べるようにしたり、肌の生まれ変わりを助けるビタミンBを摂取するようにしてください。

【場所別】体にできるニキビの原因と対策

体にできるニキビの原因
体にできるニキビも顔にできるニキビと一緒で、基本的には皮脂による毛穴の詰まりが原因ですが、気を付けた方がいいことが違ったりします。

それぞれの場所にできるニキビの原因と対策を見ていきましょう。

首ニキビ

首ニキビの原因と対策

【原因】
・ストレスによる男性ホルモンの増加
・汚れや摩擦によるもの
・首~肩の血行不良

首ニキビはフェイスラインや顎のすぐ下に当たる場所なので、ストレスや生理前のホルモンバランスの乱れによって、男性ホルモンが増加していることが原因。

それだけでなく、シャツの襟やネックレスによる摩擦やマフラーなどの汚れ、シャンプーのすすぎ残し、汗の放置なども関係してきます。

また、同じ姿勢でいることが多い場合は、首~肩の血行不良によって、老廃物が溜まっている可能性もありますね。

【対策】
首ニキビは顔にできる大人ニキビと同じように、生活習慣の改善と保湿してケアすると同時に、汚れや刺激になるようなものを避けることで治していきます。

  • 規則正しい生活やストレスを溜めないように意識する
  • 乾燥しやすい場所なので保湿を行う
  • 衣服や枕など、首に触れるものを清潔にする
  • 肌触りの悪いチクチクする素材を身に付けない

こういったことに気を付けて生活していきましょう。

胸元のニキビ

胸元のニキビの原因と対策

【原因】
・男性ホルモンの影響
・皮脂の過剰分泌
・下着による摩擦や汚れ
・マラセチア菌

胸を含む、Vゾーン(鎖骨からみぞおち)はもともと、皮脂腺が発達しているので、他の部分よりも2~3倍も皮脂や汗がでやすく、毛穴に皮脂が詰まりやすい場所。

そのため、下着の摩擦やシャンプーなどのすすぎ残しがあるとニキビができやすいんです。
また、男性であれば胸毛が生える場所でもあるので、男性ホルモンの影響も受けます。

胸にできたのがニキビならいいんですが、赤い光沢のあるようなブツブツの場合はにきびではなく、“マラセチア毛包炎”の可能性も。

マラセチア毛包炎は、マラセチア菌という真菌(カビ)が原因なので、ニキビケアでは治らず、抗真菌剤などを使った皮膚科での治療が必要になります。

【対策】
まずは、下着を清潔にしておくことを心がけるのと、ポリエステルやナイロンといった通気性の悪い素材を避けて、綿100%のものを着用するようにしてください。

ニキビの原因であるアクネ菌も、マラセチア毛包炎の原因であるマラセチア菌も皮脂が多くて、ジメジメしたところが大好きです。

だから、なるべく胸元に湿気を溜めないように通気性の良い下着を着用しましょう。

背中ニキビ

背中ニキビの原因と対策

【原因】
・男性ホルモンの影響や皮脂の過剰分泌
・シャンプーのすすぎ残し
・衣服やパジャマ、寝具の汚れ
・マラセチア菌

背中ニキビは、胸とほとんど同じで、シャンプーのすすぎ忘れや衣服の汚れなどが原因。

胸ニキビとの違いがあるとすれば、皮膚が厚いので治りにくかったり、見えないので、いつの間にか悪化していることが多いことですね。

【対策】
背中ニキビを治すときに気を遣いたいのが、

  • シャンプーなどのすすぎ残し
  • 通気性のいい服を着て、背中を蒸れないようにする
  • パジャマや寝具を清潔にしておく

こういったことを意識して生活してみてください。

胸ニキビと同じで、肌に触れるものを清潔にし、素材も汗の吸収・通気性に優れ、肌にやさしい綿100%にすることで背中の蒸れを減らしてくれますよ。

あとは、顏のニキビ同様、しっかり保湿して治していきましょう。

おしりニキビ

おしりニキビの原因と対策

【原因】
・おしりの蒸れ
・摩擦による乾燥や角質肥厚
・雑菌の繁殖

おしりは座ったときに上半身を支えるので、摩擦がかかりやすく場所。

そのため、もともと皮脂量が少ないにもかかわらず、摩擦によって角質が厚くなったり、乾燥が原因で少量の皮脂なのに、ニキビができやすくなってます。

また、背中や胸と同じで、汗をかきやすいので蒸れやすく、トイレなどで雑菌が付着した場合、繁殖しやすい環境になっています。

【対策】
おしりニキビを治していくためには、

  • おしりが蒸れないように座りっぱなしにならない
  • 通気性のよい下着やパンツを履く
  • 雑菌が増えないよう、外出時のトイレは便座を拭く
  • 保湿をしっかりしてあげる

といったことに気を遣ったほうがいいですね。

おしりニキビは、どんなに気を遣っても座るという動作を避けることができないので、勝手にニキビが潰れてしまって、黒ずんだニキビ跡になる場合もあります。

黒ずんだニキビ跡になってしまったら、美白ケアをしてキレイにしていきましょう。

まとめ

あなたのニキビができた場所は何が原因だったか知ることはできましたか?
基本的な原因は一緒ですが、場所によって違いもあったと思います。

ただ、治すために共通して言えることは

  • バランスの取れた食事を取るようにする
  • 塩分や脂質、糖分の取り過ぎ、お酒の飲みすぎに注意する
  • 睡眠をしっかり取り、規則正しい生活を送る
  • ストレスをため込まず、上手に発散する

といった、生活習慣の改善をすることは欠かせないということです。

これらの生活習慣の改善にプラスして、場所別のニキビケアをするようにしてください。

以上、場所別のニキビの原因と対策になります。

場所ではなく、ニキビの種類別で原因を知りたい方はこちらもご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-ニキビの原因・治し方

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.