ニキビーノのニキビケアちゃんねる

ニキビケア化粧水、洗顔料のおすすめ商品や大人ニキビと思春期ニキビ情報が満載

ニキビと食べ物の関係

ニキビケアの基本!ニキビに効く食べ物&原因になる食べ物

更新日:

ニキビ 食べ物ニキビの原因として取り上げられるのが食生活。

ニキビが急にできたり、なかなか治らないと「どんな食べ物を食べればニキビが早く治るのか?」「原因になっている食べ物を食べているかも…」って気になりますよね。

ニキビーノ
僕はチョコレートを食べるとニキビができやすい体質なので、控えるように努力してました!

ニキビを治すために薬やスキンケアを頑張る人もいますが、体の内側からもニキビケアすることでニキビができにくい肌を手に入れることができます。

もし、あなたが食生活に不安があったり、ニキビができやすい体質なら、こちらで紹介するニキビに効く食べ物と原因になっている食べ物を知ることは役に立つと思います。

ニキビがなかなか治らない方は意識的に食生活を見直してみてくださいね。

ニキビ改善に食べてほしい栄養素・食べ物

普段、バランスよく食事を摂っていますか?

外食やコンビニ弁当が多い偏った食生活をしているなら、肌に必要な成分を摂取できる食べ物でニキビを改善していきましょう!

肌を健康に保つ「ビタミンA」

ニキビにおすすめのビタミンA
ビタミンAは皮膚や粘膜の働きを良くして、アクネ菌を抑制してくれる栄養素。
新陳代謝を良くして古い角質を落としてくれる効果もあります。

ビタミンAが多く含まれる食品

うなぎ、まぐろ、レバー、卵、バター、人参、ほうれん草、しぞ、かぼちゃなど

肌の生まれ変わりをサポートする「ビタミンB群」

ニキビに効く食べ物の中でもビタミンB群はぜひ摂ってほしい栄養素です。

特にビタミンB2、B6が皮脂を抑制したり、肌の生まれ変わりを助けてくれるのでニキビを治すなら必ず摂取するようにしましょう。

ビタミンB2、B6が多く含まれる食品

ビタミンB2…卵、乳製品、レバー、うなぎ、納豆、豚肩ロースなど
ビタミンB6…卵、鶏肉、まぐろ、かつお、にんにくなど

抗酸化で美肌を守る「ビタミンC・E」

ニキビを治すビタミンC
ビタミンC・Eは両方とも高い抗酸化作用を持っている美白・美肌成分で、肌の衰えやニキビの炎症を抑えてくれる効果があるので、すっぴん美人を目指すなら欠かせない栄養素。

また、肌の老化やシミの原因になる活性酵素をビタミンCが守り、ビタミンEが除去してくれるので、一緒に摂ることで相乗効果が生まれます。

ビタミンC、Eが多く含まれる食品

ビタミンC…レモン、赤・黄ピーマン、いちご、キウイ、小松菜など
ビタミンE…うなぎ、ブリ、アーモンド、かぼちゃ、赤ピーマン、しそなど

腸内環境を良くする「食物繊維・乳酸菌、オリゴ糖」

食物繊維
お肌と腸内環境には深い関係がある…というのは聞いたことがありますか?
便秘になるとニキビや肌荒れ、くすみができるなど、肌に悪影響を与えてしまうんです。

なっちゃん
便は体に必要ない老廃物だから、便秘によって溜めてしまうと悪玉菌が増殖してしまうんです!

ニキビーノ
ニキビなどの肌荒れとして出る人もいれば、口臭や体臭がクサい…っていう人もいるね。

便秘気味の方は食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖を摂取することを重視してください。

他にも「これはやったほうがいい!」というのがお水を1日に1.5~2リットル飲むことです!

そんなに飲めないって場合は、最低でも朝起きたときにコップ一杯のお水を飲むことで、腸が働き出して老廃物を出してくれるので、お腹がスッキリしない方は試してみてください。

食物繊維、乳酸菌が多く含まれる食品

食物繊維…ごぼうやレンコンなどの根菜やイモ類、豆類、リンゴ、バナナなど
乳酸菌…ヨーグルト、チーズ、ヤクルト、キムチや漬物などの発酵食品など
オリゴ糖…きな粉、ごぼう、たまねぎ、バナナなど

低GI食にするともっといい!

低GI食
GI(グリセミック指数)って聞きなれない言葉ですよね。

なっちゃん
難しい言葉が出てきた…。これがニキビとどんな関係が?

GIというはブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇のスピードを表す数値のことです。

この数値が高い白米やうどんなどを食べると、高くなった血糖値を下げるためにインシュリンというホルモンが分泌されて、皮脂も過剰になってしまうんです。。。

高GIの食べ物の中には白米や食パン、うどん、パスタなど普段よく食べるものも多いから、そこまで敏感になる必要はありませんが、覚えておいて損はありません。

ニキビーノ
ダイエットと同じで、血糖値の上昇を防ぐために食べる順番を野菜系⇒おかず⇒ご飯に変えてみましょう。

徹底的に食事改善を行いたいなら、主食を白米から発芽玄米にしてください。
玄米でもいいんですが、発芽玄米の方が栄養素的にもおすすめです。

低GI食品(炭水化物のみ)

おかゆ、玄米、ライ麦パン、全粒粉パン、そば、中華麺、パスタ(全粒粉)、春雨

食べるのを控えよう!ニキビの原因になる食べ物

ここからはニキビの原因になっている食べ物について紹介していきます。

ニキビを治すための栄養素を摂ったとしても、ニキビの原因になっている食べ物も食べていたら治りにくいのもしょうがありません。

心当たりがある食べ物があったら、極力食べる量を減らしていきましょう!

食べ過ぎ注意!お菓子やチョコレートなどの「糖分と脂質」

ニキビを増やす原因になる食べ物
これはよく耳にすると思いますが、チョコレートやお菓子全般、ジュースにケーキなどの洋菓子は糖分だけでなく、脂肪分もたっぷり入っています。

なっちゃん
糖分と脂質はニキビの原因になる皮脂の分泌を増やすので、食べ過ぎには注意です!

しかも、糖分を分解するときに体内にあるビタミンB群が消費されるので、大切な栄養素をムダにすることになります。

「ニキビを治したいんだけど、ポテトチップスやケーキ、アイスとかを我慢できない…」

・・・と思うかもしれません。
が、ダイエットしたい人が食事制限をするのと同じです。

痩せたいって人がバクバク食べてたら痩せれないのは当たり前ですよね?

ニキビを治すためには原因になる甘いものやお菓子をガマンする必要があるし、ニキビができやすい体質なら継続的に控えるようにしなくちゃいけませんよ。

関連記事チョコレートとニキビの関係は?原因になるって嘘?本当?

コーヒーや辛いものなどの刺激物!

コーヒー
意外かもしれませんが、コーヒーや辛いものがニキビの原因になっています。
といっても、飲みすぎ&食べ過ぎでなければ心配ありません。

ニキビーノ
例えば、「1日にコーヒーを4杯以上飲むのが習慣」だと、ニキビの原因になっている可能性はありますね。

コーヒーに含まれるカフェインは利尿作用やビタミンB群の吸収を低下させてしまうため、せっかく摂取したビタミン群を排出してしまったり、内臓機能低下の原因でもあります。

体が冷えると血液の流れが悪くなって、ターンオーバーが遅くなったり、老廃物を溜めやすくなるのでニキビができやすくなるわけです。

また、交感神経(活動的にしてくれる神経)が活発になるのも原因の一つです。

カフェインによって強制的に交感神経が活発になるので、リラックスさせる副交感神経の働きが弱くなって、ストレスが溜まりやすくもなっちゃうんですよね…。

なっちゃん
コーヒーは1日に1~2杯程度に抑えるようにしましょう!

辛いものをたくさん食べることも胃の消化機能に影響してニキビができやすくなると言われていますが、毎日辛いものを大量に食べる人なんて、そうそういないですよね。

外食・コンビニ弁当を控える


料理が苦手だったり、料理をする時間がないからという理由で外食やコンビニの弁当、カップラーメンとかで食事を済ませていません?

知っていると思いますが、それらの食べ物には食品添加物やトランス脂肪酸(悪玉コレステロールを増やす)が使われていることが多いです。

カロリーや塩分も高いので、どうしても作ったりできない場合は量を減らしたり、サラダなどをプラスして栄養バランスを考えた食事にしてください。

ニキビーノ
体に毒素を溜めたり、消化器官に負担のかかるものは食べないようにしましょうね。

大人限定:アルコールは肌のターンオーバーを遅くする

お酒がニキビを増やす原因
お酒の飲み過ぎがお肌や健康に良くないのは知っていますよね。
間接的なニキビへの原因も含めると以下のような悪影響があります。

  • ニキビの炎症が加速する
  • 肝機能が低下、活性酵素を多く作り出す
  • ビールなど糖分が含まれているものは皮脂を増やす
  • アルコールの分解にビタミンB群を消費する
  • 水分が蒸発して、肌の乾燥につながる
  • おつまみの塩分や脂質
  • 睡眠不足や疲労の蓄積によるストレス

ポリフェノールが入ってる赤ワインをグラス1杯くらいなら美肌にもいいんですが、飲みすぎたり、糖分が含まれる醸造酒(ビール、日本酒、ワイン)ばかり飲むのは良くありません

なっちゃん
お酒を飲むと楽しいけど、お肌や健康のことを考えると飲まないほうがいいですね!

付き合いとかで飲まなきゃいけない場面もあると思います。
そんなときは量を調節したり、食べ物や飲むお酒の種類に気を遣いましょう。

まとめ

ニキビに効く食べ物としてビタミン群や食物繊維・乳酸菌など紹介してきましたが、「この食べ物にはビタミンB2が入っているから…」なんて考えることって少ないですよね?

だから、意識してもらいたいのはバランスのとれた食事です。

ニキビーノ
ニキビの原因になっている糖分や脂質が多いものを食べる量が多いのに、ビタミン群や食物繊維などを摂取できていないんじゃありませんか?

ニキビに効く食べ物を増やしても、原因になる食べ物の量が多いのでは意味がありません。

まずは原因になっていそうな外食や脂っこいもの、お菓子やチョコレートなどを食べる量を減らして、野菜や果物を食べる量を増やしてみましょう。

マルチビタミンサプリや乳酸菌サプリなどを使うのもおすすめです。
芸能人やモデルのように野菜や果物でスムージーも酵素を摂取できるのでいいですね。

あなたの続けやすい方法でニキビのない肌作りをしていきましょう!

食事を見直すならこちらの記事もおすすめです
関連記事ニキビを治すときによく見る“バランスの良い食事”って?

-ニキビと食べ物の関係

Copyright© ニキビーノのニキビケアちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.